〜白と青と緑の楽園を求めて〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
月明りの持久戦

厳しい釣果の続く今シーズン、ようやく前回に今季初コロに出会いましたが、大事なのがその次。

 

ここで釣れないと、ほんとに野球でいうスミ1状態に陥ってしまう。しかし、いろいろと私用の関係でなかなか釣行をセッティグできずにイライラが募る日々。

 

で、なんとか仕事のやりくりをつけて、週末半休作戦で釣行を計画しましたが、台風接近&雨予報・・・orz

 

が、捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもので、台風の速度が予想より遅く、運よく週末が回復予報。予定通り仕事を半日で片づけて、一路南へ・・・

 

とはいっても、今回はそんなに南下しません。大好きな中紀フィールドで中秋の名月などを愛でながら、のんびりと竿を出す作戦。

 

なぜか癒されるんです、この界隈。まあ、私のコロタマ釣りのルーツともいえる地域ですから。

 

とにかく魚のエサに自分のエサを買いそろえて、現地に4時前に到着。目指すポイントは・・・空いてました(^^v

 

というか、だれもいてません。広い湾口独り占め状態っ!

 

ささっと支度を整えて、底の状態を確認して・・・缶ビー!!

 

いやいや、ピン釣行でもやっぱりこれです。

 

ほどよく晴れ間に支配された空を眺めながら・・・うんっ、うまいです。

で、ぼちぼち仕掛けを投入してのんびり構えてますと、いきなりシャープなあたりがっ!

 

あがってきたのは20cmそこそこのイトフエ。

 

なかなか幸先いいではないですか・・・これは、今夜に期待が持てるというもんです。

 

台風のうねりが程よく到達してる関係で、遠くに見えるブレイクポイントにはサーファーの姿も。

 

そんな遠くから届く潮騒の音と缶ビーで至福の時間を過ごしているうちに、あたりは暗くなり、東の空には中秋の名月から少し過ぎた月が・・・

さあ〜、雰囲気はあるし、期待が持てるっちゅうもんです。

 

で、イカを付けた竿がいきなり超高速発射!!

 

こ、これは!!!

 

ロープを外して、ドリャーとばかりに竿を起こすと・・・

 

あれっ?

 

頭の中は竿グワーン・・・やったんですが、

 

スカッ・・・・

 

あれっ?

 

かかってない??

 

そんなはずはない、と思いつつリールを巻いてくると・・・

 

いきなりグワーン!!

 

キタ〜!!

 

走る相手の抵抗を、竿を起こした状態で耐えて、相手がひるんだすきに巻いての繰り返しで、ようやく海面に・・・

 

ライトオンッ!

 

ライトに照らされた・・・シャンパンゴールドの魚体が・・・・

 

と言いたいところですが、

 

現れたのは・・・

 

流線形の、

 

シルバーの、

 

・・・・シャーク

 

・・・・・・・和名、サメ。

 

をい!!!!

 

それもデカい。

 

そこから、波止際で最後の大暴れ・・・竿がひん曲がってます。

 

こりゃ、掬うのも一苦労・・・やと思ってるうちにフッ・・・サメの歯でハリスが切れたみたい。

 

アドレナリンいっぱいでたし、体力かなり消耗したし・・・

 

そのあとは、沈黙。

 

で、ひそかに暗躍するエサ取り。

 

今日は、ジャコエビではなくトビアラを選択。身がやわらかいのはわかっているのですが、そのサイズに惑わされてしまった。

 

そのおかげで、エサだけがかすめ取られていく・・・

 

あ〜、やっぱジャコエビにしとけばよかった・・・

 

そうそう、エサ取りの正体は・・・中紀名物、ご存じゴンズイ。

 

ときどきあがってきます。

 

そうこうしているうちに、月は中空に・・・ライト不要と思うほどに明るい。

そんななか、エサだけがどんどん消耗。

 

あ〜、このまま終わってしまうのか・・・な、なんとかならんか〜

 

ときどきかすかに反応する竿先に落胆、仕掛け回収・・・のエンドレスな繰り返し。

 

で、潮も底にさしかかった頃、もう心が折れる寸前。

 

また竿先に微妙な反応・・・

 

わかりましたよ、ゴンズイさん、仕掛け回収したらええんでしょ。

 

と、竿をとって、かるーく巻いてみると・・・

 

あれっ?

 

なんか重量感が・・・

 

こ、これはひょっとして、

 

テンションかけて、クイッとあわせると・・・・

 

グイーン・・・

 

ヨッシャ〜、

 

この引き、そんな大きくはないですが、間違いなくコロです。

 

で、予想とおり海面に姿を現したオレンジ模様のクリクリ目玉。

 

大したサイズではないんで、そのままブリ上げ・・・

 

haruレギュラーサイズではありますが、持久戦を戦い抜いた末の一本!!

 

素直にうれしいです。

こうなると調子のいいもんで、もう一枚とばかりに連続爆撃を加えますが、そんなにうまくいくはずもなく、12時を回ったころに久々のエサ切れ。

 

まあ、いろいろストレスのたまる釣りでしたが、一枚釣れたということが結構重要で・・・

 

これで、心置きなく10月戦線に挑めるっちゅうもんです。

 

さあ、キンモクセイの季節までもう少し。

 

コロ最盛期のシーズンを楽しむぞ〜〜

11:54 釣り comments(6)
ニコイチ再開!  ナムセーウンからのギフト

長年、釣りの相方は楠っさんでしたが、最近は楠っさんの仕事の都合でなかなかニコイチ釣行が叶わない。

 

で、久々に都合が合いそうな週末、いきましょうかと!

 

が、なぜか急に台風が発生。それも週末にあわせるように来るような雰囲気・・・orz

 

これは今回は没ですなあ・・・とあきらめておりますと、なんか台風の速度が予想に反して遅く、予報は二転三転。

 

やっぱり雨は覚悟しないといけませんが、とにかくいきましょう!

 

ということで、午前中の仕事をササッと片づけて、久々の再開&抱擁・・・・をい

 

しかし、うねりは届いてますし、不穏な雲の進み具合も気になるところ。

 

とにかく、それらを踏まえて今日の釣り場を決定。いざ南下!

 

そして、目指す釣り場・・・だれかおったらどないしょう・・・という不安は杞憂に終わりました。だれもいてません。

 

海はそこそこうねってますし、雲行きも怪しいし、当然といえば当然です。

 

まあ、荷物を抱えて目指す釣り場に!

 

珍しく楠っさんは振り出しAX・・・ずいぶん早くセッティングを終えて、いつもなら暗くなってから釣り開始のパターンなのですが、これまた珍しく仕掛けを投入・・・

 

う〜ん、こっちは波継ぎプラス3本体制なんで、まだまだ・・・

 

で、ボチボチ準備をしてますと・・・

 

いきなり楠っさんの竿が・・・

 

どえらい勢いで発射・・・・

 

え〜まだ4時やで!

 

竿をとって臨戦態勢の楠っさん・・・ガシッと腰を落として大合わせ〜

 

AXが胴からグワーン!!!

 

ありゃ〜

 

いつもなら、少々のヤツでもグイグイ寄せてくるんですが、そこはAX、寄せては潜られ、寄せては潜られの繰り返し・・・

 

手前まで来てるんですが、底に突っ込むたびにひん曲がる竿を立てて相手の攻撃をやり過ごす楠っさん・・・

 

う〜ん、魚やったらかなりでかいでっせ!

 

と、タモをもってスタンバッてる私の前に、ガッバーと!

 

お〜コロやっ

 

それもかなりでかい〜!!

 

で、スルスルッとタモを出して、ちょっとてこずりながらなんとかタモインッ!

お〜タモハミや〜

 

60枠からはみ出すその雄姿・・・

 

これはひょっとして・・・

 

で、でた〜

つ、ついにナナマルでました〜

 

なな、なんと71cm。

 

時間は4時30分前・・・あ、ありえへんし。

 

こっちはまだ、セッティングも終わってへんし・・・

 

さしずめ、昼コロキングってとこです。

 

でもねえ、去年はタマミ84にコロ67・・・今年はタマミ82にコロ71・・・私?

 

聞くだけ野暮ってもんです。

 

しかし、今日は入ってますよ、期待もてますよ〜ということで、ようやく3本の仕掛けを投入〜

 

さあ〜、バケモンでもパッチモンでもなんでもコイヤ〜

しかし、こんな時間に立て続けに来るわけもないし、勝負は暗くなってからでしょう・・・と、エサ交換をして仕掛けを投入している最中に・・・

 

隣の竿が発射〜〜!!

 

うわーキタ〜

 

えらい勢いで竿先が海面に突っ込んでいく〜

 

とにかく、尻手外して、

 

パワープレイで、合わせをバーンと・・・

 

グ、グワーン!!!

 

佐々木恭介バリにヨッシャ〜!!

 

が、次の瞬間・・・

 

フッ・・・・

 

エッ???

 

針はずれ???

 

で、仕掛けを回収してくると・・・ミチイトが擦れたようです。

 

失意・・・・

 

戦意喪失・・・・・

 

呆然自失・・・・・・・

 

とにかく、平静を装って仕掛けを投入。

 

で、三脚に竿を置こうとすると・・・アレッ?

 

えらい、竿受け下がってますやん。

 

エッ???

 

三脚の足、沈んだ???

 

私の使っている三脚はレッドゾーン・・・足の固定が全体的に甘く、前の足だけ補強してるんですが、相手の重みで下がるなんて・・・

 

逃がした獲物はでかい、でかすぎる・・・

 

まあ、救いはまだ早いということ。

 

とにかく、頑張って釣るしかありません。

 

とにかく三脚の足を戻して、修正してますと・・・

 

反対側の竿が・・・

 

小気味よく発射〜〜!!

 

ヨッシャ〜〜

 

こんどは、バ、バラさへんで〜

 

オリャーと合わせると・・・相手の反応が伝わってきた〜

 

で、ほどなく海面に姿を現したのは・・・

 

コロ〜

実は、私今日までSPD継続中やったんです。

 

この造語の生みの親・・・しかし、二回目のSPBは洒落にならない・・・ということでちょっと焦ってたんですが、これで一安心。

 

そうそうサイズ・・・

楠っさんのヤツとは比べるまでなく、小モノ。

 

しかし、私のレギュラーサイズ。

 

けど、今年の初モンです。

 

素直に、ウレシ〜!!!!

 

で、ここでまだ時間は5時過ぎ・・・

 

今日はもしかしたら・・・と、頭をよぎりましたが、帳尻っていうやつはあるんですね。

 

延々のマンダムタイム&雷雲襲来!!

 

11時に撤収〜

 

時間は短かったですが、内容の濃〜い濃密な時間でありました。

 

さあ〜呪縛も解けたし、これから贅沢はいません・・・レギュラーサイズ釣れ続けて〜〜

23:49 釣り comments(2)
酷暑の夏、釣果も・・・

しばらく更新が滞ってました。

 

まあ、いろいろあってなかなか更新できなかったというのと、釣れてないというのが理由。

 

しかし、今年の夏は暑さといい、釣果といいかなり厳しいものがあります。

 

そんな中、待望の夏季休暇。

 

といっても、いつも釣れないんですが、やっぱり連休、初日にロンリーで南紀に。

 

今年から制定された山の日、なのに海。山の日なのにポイントはどこも盛況。

 

どこに入りましょうか、といいながら中紀界隈から順次南下。

 

気がつけば、えらい南まで来てしまいました。

 

で、通いなれた波止・・・空いてました^^v

 

潮も悪いし、ちょっとここは厳しい雰囲気がありますが、なんせ空いてない。ダメモトで今日のポイントはここに決定。

 

で、セッティングを完了して、缶ビータイムっ!

 

いやいや、酷暑になるほどにうまいのど越し!

 

そうです、今日のミッションはこれにて終了!・・・・って。

とにかく、缶ビー飲みながら暑さと青空に囲まれて、至福のひと時を満喫。

 

汗ダラダラですが、これはこれでいいもんです。

 

そうしているうちに、西の空が茜色に・・・いよいよ釣り開始っ!

なにやら雰囲気のある感じです。

 

で、3本の仕掛けを投入して・・・さあ、こいや〜!

 

が、

 

期待に反して、

 

竿先は微動だにしないまま、

 

一時間経過し、

 

二時間が過ぎ、

 

三時間が・・・

 

で、それはいつものようにいきなり!

 

チャリーン!!

 

スパーンッと竿が飛んだっ!!

 

ではなく、力なく竿尻が浮いた。

 

あちゃー、

 

これはきっと・・・

 

ヤツかあ〜〜

 

で、大し抵抗もなく海面に姿を現したのは・・・

 

メ、

 

メンドリアーン・・・・・・・・・!!!!!!!

 

おまえかいっ!!

で、その後竿先が反応することはなく・・・

 

あ〜

 

あ〜〜

 

あ〜〜〜

 

まあ、9月まで待ちましょうか。

 

 

14:43 釣り comments(2)
スリークォータ−ムーン、イリュージョン

前回にも書きましたが、わたしはタマミととっても相性が悪い。

 

・・・・そんなん、腕がないんやんか・・・

 

とも言いますが・・・をい

 

やっぱり、この賭博性の高い釣り・・・これはどう考えても相性です。

 

とはいうものの、気が付けばイカ短もって南下・・・というのが実態。

 

で、もはや恒例化しつつある週末釣行に今回もっ(^^v

 

いつものように途中で相方を拾って、いざタマミポイントへ!

 

さあ今日どこにいきましょうか・・・などと話しているうちに、目指す第一ポイントに・・・

 

おっと、空いてるやんかっ!

 

で、セッティングを終えたころには、西の空を茜色に染めた太陽はすっかり沈み、いつになく雰囲気がただよう色に・・・

 

な、なんか来そうなきがしますなあ・・・

と、右の竿のエサを交換しておりますと、視界の端にあった竿尻が動いた!!

 

続いて・・・

 

波の音にかぶさって聞こえる魅惑の音色・・・チャリーン!!

 

お〜〜キター!!

 

が・・・

 

無情にもそのまま着地。

 

あかん・・・

 

とにかく竿をとってテンションをかけておりますと・・・

 

なんや、あたったん?・・・と楠っさん

 

えっ??

 

竿尻浮いてんで、鈴も鳴ったし・・・聞こえんかった??

 

聞こえんかったわ・・・

 

フンッ!!

 

とまあ、こんな感じで、なにやら期待を持たせるプロローグで、今回の釣りがスタート。

 

まあ、そのあとは恒例のウッチー&伝助のマッチアップ。

 

しかし、やたらでかい。

 

気が付けば、あたりは半月と満月の中間あたりの月に照らされて、幻想的な雰囲気に・・・

で、長モノの洗礼が一段落したあとは、南紀恒例のマンダムタイム。

 

暇でんなあ・・・

 

缶ビーも底ついたし・・・

 

オシッコいってこ〜

 

あちゃ〜しもてから漏れた・・・

 

・・・他愛のないおっさんの会話&行動。

 

そして・・・

 

楠っさんが左の竿の仕掛けを回収して、エサの交換に三脚の背を向けた瞬間・・・

 

猛烈な勢いで・・・

 

竿が突っ込んだかと思うと、

 

竿尻が跳ね上がり、

 

あまりの勢いで、プロサが三脚を離れて真上に飛翔!!!

 

そして竿受けに着地・・・

 

その間、一瞬

 

で、当の本人・・・

 

気づかずにエサ付けの真っ最中・・・をい!!!!!!

 

と、飛んだで〜〜

 

はあ〜????

 

振り返った楠っさんが、ようやく現実を視界に捉えた!!

 

のそっ・・・をい

 

歳か、はたまた去年釣った余裕か・・・

 

とにかく竿をワッしとつかんで臨戦態勢に・・・

 

が、竿を起こした瞬間・・・・

 

竿先がグニャー・・・

 

XXがありえん角度で曲がってる・・・

 

そして、ドラグ逆回転!!

 

ジ、ジジジジジ〜

 

ウ〜ン・・・ム〜、ウ〜ン・・・

 

おっさんの奇妙なうめき声とドラグの逆回転音が月明りの海に響き渡った・・・

 

で、なんとか相手のファーストアタックをしのいで、リール巻き巻き・・・当然ながら三角巻き。

 

そして、セカンドアタック!!!

 

姿勢を落としてひたすら耐えるオッさん・・・きっと、尿漏れしてるわ、絶対。

 

で、間髪入れずにサードアタック!!!

 

XXが胴からひん曲がる。

 

もはや、オッさんは無言・・・ありゃ、昇天したか??

 

いや、恍惚の表情・・・

 

ま、まるでトライのCMのように、頭にリングが・・・

 

Gパンはお漏らしでグッショり・・・をい

 

そして、ようやく相手がおとなしくなったのか、寄せにかかる。

 

ライトオンッ!!

 

なにやら、巨大な物体が海面にっ!!

 

ライトに反射するシャンパンゴールド・・・・

 

お〜

 

タマミや〜〜

 

そ、それもデカい。

 

そして、なんとかタモ入れして・・・

 

ドサッ

タモ・・・60cm

 

余裕ではみだしております。タモハミです。

 

そういえば、去年も同じ光景を見たような・・・

居つきのチヌをもっと極道にした極悪チックな人相・・・いや魚相。

 

乗っ込みなのでしょう・・・腹パン。

 

そして、気になる身長は・・・

・・・81cm

 

このオッサン、なんと二年連続のハチマル達成。

 

とにかく、おめでとうございます。

 

で、わたし・・・

 

その後もウッチー&伝助に翻弄され続けて終焉をむかえましたが、なにか・・・

 

フンッ!

 

まあ、次頑張りましょう!

 

とにかく今回は楠っさんの日ということで・・・

 

で、みなさん、怪物、着岸してますよ〜

 

00:02 釣り comments(4)
魚の引きを味わいたくて・・・
梅雨の季節に入ると、あちこちで巨タマ捕獲の情報が飛び交います。

さぞかし興奮モンの季節と思いきや・・・半面憂鬱になるこの時期・・・

前にも書きましたが、わたくし、どうもタマミとは相性が悪い。

イカ短もって勇んで南紀に向かいますが、捕獲したことはごくわずか・・・まあ、ほとんどは楠っさんと釣行しますが、ポイントも変わらんし、エサもおんなじなんですがねえ・・・

ということで、今年もタマミ漁にいってますが、いまだにアタリなし。

こうなると、なんか魚の引きを味わいたくなるのが人の常・・・

週末の定時後、そそくさと支度を整えて向かった先は・・・川。

いやいや、南紀にいってもよかったんですが、そこはそれ、久々にこう、なんというか、あの脈動を感じたいじゃないですか。

そして楠っさんと現地集合して、夕暮れ近い川に到着。

セッティングを終えたころには、都会チックな夕景が・・・

かつてはけっこう釣れるポイントだったんですが、護岸工事のあとはいい話を聞きません。まあ、なんかくるでしょう・・・との軽いノリで週末釣行のスタートです。

で、スタート直後に竿先に反応がっ!!

軽くテンションをかけると、クイックイッと心地よい感覚が・・・これは少なくとも、キではなくチビレ・・・

しかし、結構な西風の影響でジャストな合わせが・・・

スカッ・・・

まあ、開始早々なのでなかったことに・・・をい

いやいや今日は活性が高いですよ〜ん、と期待しますが、反して竿先は沈黙。

8時になっても、9時になっても、マムシはまるで剥製の状態であがってくる・・・魚いてないやん。

フ〜ン・・・やることもないんでエサでもつけかえますか・・・と、アオ房掛けですぐそこに放り込んでいる竿をとって仕掛けを寄せてきていると・・・

視界のはしで・・・

ケミが・・・

グイーン・・・

そして竿尻が・・・・

う、浮いた〜〜〜!!

お〜〜南紀バリやんか〜

と、回収中の竿はほっぽりだして、反応があった竿に駆け寄りますが、

なんか、竿尻が浮いた割には静かな感じ・・・

エッ??

これってどこかでみたことあるような・・・

ま、まさかメンドリ???

いやいや、なんぼなんでも、暖かくなっているとはいえ、ここまで北上しないでしょ・・・

と、思っていると、竿先にシャープな反応が!!

ヨッシャー!!

久々の魚じゃ〜〜

で、バシッと合わせると・・・

グググッと、久々のこの感触!

これは、良型チビレに間違いない。

途中の締め込みを交わして、寄せてきた海面にきらりと輝くシルバーの魚体。

うん、そこそこのチビレか??

いやっ??

なんか違う。

そして、楠っさんが出してくれたタモに収まったのは・・・

まさかまさかの屁ダイやんか〜〜

長年ここで釣りしてますが、屁ダイ釣れたのは初めてです。

で、気になるサイズは・・・

ジャスト40cm。

まあ、おいしい魚なんで、とにかくうれしい。

加えて、久々に感じた引きの感触。

これで、再び相性の悪いタマミ漁に向かえるというもんです。

まあ、その後アタリはなく日付が変わることに本日の釣り終了。

とにかく、思わぬ奴が釣れたんで、今日は満足の釣りでありました。

さあ〜、これで気分もリフレッシュ。

次は、乗っ込みのヤツを釣りにいきますよ〜
22:09 釣り comments(2)
入梅前に、飛ぶか竿っ!
朝晩は寒く、日中はカラッとした晴天が続いた今週・・・このまま週末もいい天気で、とはいかず、なにやらいやな予報。

う〜ん、梅雨になればなかなか予定通り釣りにいけないし、こうなれば金曜仕事終わりの釣行を敢行しなければなりますまい。

ということで、楠っさんを誘って、大好きな週末仕事終わり釣行に。

とはいっても、いつもの川ではありません。当然ながら、タマミの狙えるポイントに!

で、なかなかの夕日に迎えられつつ現地到着。

ささっと支度を整えて、今日の釣果を祈念しての缶ビータイム!!

仕事を終えて、明日から休み・・・至福の一杯です。

で、あとは竿が飛ぶのを待つのみ!!

が、期待に反して竿は沈黙。

となると、盛り上がるのは波止の上での下世話な会話。

おっさんトークでひたすら盛り上がっていますと・・・楠っさんの竿に生体反応が!!

ピシッピシッ・・・

ペニャンペニャン・・・

う〜ん、でたなウッチー

で、期待にたがわずあがってきたのはウッチー、それもホンダワラのズラ仕様(^^v

とまあ、飽きない程度にあたりはありますが、あがってくるのはウッチーに伝助と定番コース。

う〜ん、ちょっと車に忘れ物とってきますわ・・・と、高い波止の上を歩いておりますと・・・

なにやら、下の浜に黒い物体が・・・

あ、怪しいやないか・・・

と、怖いもの見たさで暗闇の砂浜に向かってライトオンッ!!

で、ライトに照らされて浮かび上がったものは・・・

なんと・・・

わかりにくいですが・・・カメ

産卵かなあ??

甲羅の長さが余裕で1mを超えるオオモノ。

いままで4回ばかり釣ったことはありますが、こんなシーンにお目にかかるのは初めて。

こんな小さな浜にも来るんですね・・・なんか、感動です。

そうそう、肝心の釣り。

その後もウッチーに伝助がポツポツ・・・で、THE END

う〜ん、今年のタマミは渋いような・・・

というか、なんかほんまに苦手意識が〜〜

なんとか、次回は払しょくしたいもんですね・・・トホホ
22:49 釣り comments(0)
曇天対決の行方は・・・
さて、夏を思わせるような晴天が続いたかと思えば、梅雨のような雨が続いたり・・・こうなってくるといよいよタマミ乗っ込みの季節到来!!

実際はもう少し早いんですが、なんかすでに最盛期の心もちで妙にそわそわしたりして・・・

こうなると、いつものように楠っさんと釣行を画策。では土曜日に・・・と約束を取り交わしたあとで、あのグレコローマンなコロタマニストのジャコびっちから、ご一緒しませんか〜との入電。

加えて、かのレジェンドな鉄人74dacaさんも参戦されるという!!

こうなると断る理由なんてありません、二つ返事でOKして当日、そそくさとジャコびっちを迎えに行って、楠っさんをひらっていざ南紀に!!

本日の釣り場は、前回楠っさんが痛恨の4回バラシを食らった、プシュBros御用達のポイント。

空いてました(^^v

こうなりゃ、あとは釣るのみっ!!!

広い磯にずらっと7門の大筒がスタンバイ!

いやいや壮観な光景です。

で、わたくし・・・

今回は、いつも出してない場所へのファーストアタック・・・まあ、なじみの場所ながら新規開拓です。

珍しく缶ビーには目もくれず、投げ倒して底の状態確認。

よっしゃ、なんとか投げるポイントは把握。あとは・・・へっへっへっ

と、あたりが薄暗くなりかけたころ、楠っさんが・・・

禁断のガッシーを〜

よっしゃ、これで今日は楠っさんの目はない!!

なんとも自己中心的な妄想・・・orz

そうこうしているうちに、ガッシーの怨念か・・・再び楠っさんの竿に今度はシャークアタック!!

そうや、不幸はすべて請け負ってくれ〜

なんとも無責任は妄想・・・orz

そして、あたりがすっかり暗闇に包まれたころ、磯の崖伝いに不気味に光るあかり・・・そうです、74dakaさんの登場。

こうして、とうとう大筒が9門に〜!!

これだけの包囲網、釣れないわけがない・・・が、みんな思っているのは・・・自分の竿がどっかーん!!といういけない妄想。

そんな邪心が海に伝わったのか・・・時間は過ぎていくもののあたりは全くなし・・・

静かな磯に響くのは、餌交換のときの鈴の音と、ウッチーのお仕置き音のみ・・・

そしてそして、深夜すぎに・・・・

まあ、

撤収・・・

というわけで・・・・・・・

うん、この釣りはこんなんです。

実は、わたくし・・・非常にタマミとは相性が悪い・・・

が、次回もがんばりますよ〜

こんなことくらいで、へこみまへん。

さあ、次回は釣ったるで〜〜
21:18 釣り comments(2)
いよいよ今年も季節到来!
さて、近所のポイントでちょこちょこ竿出してましたが、GWあたりから陽射しも初夏を感じさせるというよりも、もはや夏の様相を呈してきました。

そうなってくると、少し早いのですがタマミの季節です。

というわけで、My釣り史上最速のコロタマ開幕というわけで、GWも終盤の7日、イカをクーラーに忍ばせて南紀に向かってGo!

で、今回はいつもの相方楠っさんとではなく単独の開幕。

珍しく紀見峠を越えて京奈和道から和歌山で阪和道に・・・うん、なかなか快適です。

そして2時間程度で目指すポイントに。

狙いはもちろん、タマミちゃん。

タマミといえば雰囲気漂う荒磯が定番なのですが、人一倍怖がりのわたくし・・・そんな雰囲気が味わえるお手軽な釣り場をチョイス。

何年も前に一度竿出したことはありますが、最近はとんとご無沙汰。が、そこは釣り師の勘というか、なんか呼ぶんですよ釣り場が・・・

まあ、そんな大層なことはないですが、とにかくセッティングしてイカをポイントにぶち込んで、缶ビー!・・・をい

これは一人でもなんでも、私のルーティーン。

最初は根がかりに苦しめられたものの、なんとか攻めることのできるポイントを見つけて集中砲火。

で、

逆にウッチーの集中砲火を浴びるはめに・・・

それもトラです。

さながら、トラ・トラ・トラ・・・・

トラウツボも、定番サイズを上回って指4本くらいになると柄が変わることに関心しつつ、ウッチー攻撃が終了したと思ったら、今度は伝助パラダイス!

こいつらも、み〜んな極太。

そうこうしているうちに、ご近所で竿出してるじゃこさんから苦戦の一報がっ!

あらら、やっぱ早いんか〜

と思っているうちに、北風がどんどん強くなってきて、とうとう涙目フグが登場してきたところでで戦意喪失。

あえなく11時すぎにギブ・・・

で、翌週。

いよいよチームプシュBros開幕戦です。

永遠の相方楠っさんとニコイチで再び南紀に。

目指すは、楠っさん好相性の某所・・・

いやいや、いつきてもここは雰囲気あってよろしいです。

なんか、こう、釣れる気配があるというか・・・まあ、最初だけそう思っているんですが・・・

とにかく、今年の好釣果を祈念して、缶ビーで乾杯〜!!

また始まりました。

で、結果からいいますと二人とも撃沈です。

が、楠っさんは4度のテポドン発射。

一発目・・・

うだうだ話していると竿浮いて・・・着地。針がかりせず。

二発目・・・

少し離れた場所から、尻手ロープつけたままチャリンチャリンいわせて竿と戯れている楠っさんを視界にとらえる。

マンダムタイムが悪化したらああなるんや・・・と思いつつ、ノッソノッソとそばに行くと、竿が吹っ飛んで、ロープはずす間もなく格闘してた・・・とのこと。

前にでられず、寄せてきたものの手前のハエ根にミチイトがすれてアウト・・・

三発目・・・

少し離れたところで話をしていると、竿が発射!

いったん着地するものの再び発射。

これは間違いないと竿をとって合わせたものの・・・時すでに遅し・・・

四発目・・・

今度は二人の真横で発射!

そこまで寄せてきたものの、痛恨のハリス切れ。

ライトを照らした海面に、悠然と泳ぎ去ってゆく魚の姿が・・・

ということで、帰り道はいろんな反省をしつつ、ボッと心に火が付きました。

そういうわけで、奴らはすでに来てますよ〜〜!!!

で、わたし??

まったくのあたりなしですが、なにか・・・


 
23:26 釣り comments(0)
仕事終わりのプチ釣行・・・
最近はまっているような、仕事終わりのプチ釣行。

今週もしっかり車に道具を積んで会社に。そして、仕事をなんとか片づけて、いざ釣り場へ・・・

まあ、会社から和歌山の川まで車で40分程度。ほんにお手軽っ!

で、出足が少々遅かった関係で、現地についたころにはすっかり暗闇に。

とにかく、準備をしてピシッと仕掛けを投入!!

なんとも無機質で都会チックな風景でありますが、とにかく釣りができます。それで満足(^^v

まあ、今日はロンリーですが、いつものアレはロンリーでも関係ありまへん。とにかく、プシュッと缶ビーをば・・・仕事終わり、釣り開始・・・と、至福の時間であります。これで、すっかり気分はお休みモード突入。

まあ、ちょうど潮も底なんで、ゆっくりしましょうかとくつろいでおりますと・・・

右の竿になんとも弱々しいあたりが・・・

う〜ん、フグにしては明確やし、しかしどうもあたりが弱いし・・・

とにかく合わせますかと・・・

竿をとって、ミチイトにテンションをかけると・・・

グ、ググググッ〜

お〜〜〜

こ、これは〜!!

そこから竿を煽ってあわせると・・・

なかなかの反応が!!

で、途中の締め込みなんかもあって、これはまちがいなくチビレでしょう。

と、海面にバシャバシャとのたうつタイ型の魚が〜

やっぱチビレでありました。

なんか、最近おんなじようなアングルですが・・・

しかし、今回は40あるかな〜??と、メジャーをあてると・・・

う〜ん、微妙ではありますがジャスト40cmちうことで・・・

これは幸先のええスタートです。

これから上げにかけて・・・もうちょっと追加できるんでは・・・そんなよこしまな考えが頭をよぎったのが悪かったのか、その後は竿先はピクリともせず、エサも残ったまま・・・

はあ〜

暖かいとはいえ、まだ4月。

11時をまわるとさすがに冷えてきます。

ぼちぼち終わりましょうか・・・と考え始めたとき、再び右の竿に微妙な反応が!!

いままで、な〜んもなかったので、それだけでも嬉しい〜

とにかく竿をとって、感触を確かめますが・・・な、なんもついてないやん!!

う〜ん、とにかく仕掛け回収!!

が、

あれっ??

なんかついてます。

お〜、今年初のキスやないですか!

それも22cmの良型。

まあ、あたりが微妙だったことはさておき、素直にうれしいではないですかっ!

と、その後はどんどん冷えてきて・・・

寒々とした風景が・・・

まあ、釣れたし。

12時過ぎに本日のプチ釣行は終了。

手軽に楽しめますし、まあ、あと何回かはいきましょうか!
18:37 釣り comments(0)
春の嵐が来る前に
さて、リフレッシュ休暇も明日でおしまい・・・orz

で、なにもしていなかったかといえばそうではなく、ちゃんと釣りにいってました。

が、更新がここまで滞っていたということは・・・書くネタもないほどの結果で。

しかしまあ、言った証にちょこっと更新です。まったく見せ場ないのであしからず・・・

とにかく4月6日・・・低気圧が日本海にはいる典型的な春の嵐の気圧配置の前日、とにかく釣りにいきましょうということで、楠っさんを誘って南紀に・・・

いったいなにを狙うのか・・・とにかくぼちぼちパールピンクあたりを狙ってみましょう、ということで田辺界隈に出撃。

とりあえず某所で竿出し。

いつもの湾口です。

が、風が予想に反して強い。

しばらく竿一本で様子を見ますが、風が止む気配は一向になく、反して反応はなく・・・さて、どこにいきましょう?

と、いろいろ作戦会議を繰り広げた結果・・・再び某所に。

通称オバQ・・・10数年ぶり・・・

風はましですが、近投、中投には当たりは皆無。遠投には久々にベラッシュ。

着底、即、竿先ブルルンッ!

そんなことを繰り返しているうちに、ベラッシュも終了・・・そうです、日が暮れるとこいつはおやすみタイム。

高級ホテルの明かりがまぶしいです。

しかし、ベラッシュがなくなるとほんまにあたりがありません。

そんな中、唯一こましな当たりをみせたのがマダイ・・・というのもおこがましい、チャリコの兄さんサイズ。

よっしゃ地合いや!!

と、意気込んだ二人ですが、その後は再び沈黙。

そして12時前に心がポキッと折れました。

まあ、こんな日もあります。

次回はきっと・・・ねえ。
23:34 釣り comments(0)
<< 2/25PAGES >>

管理者ページ