〜白と青と緑の楽園を求めて〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
氷結のゲレンデで地味に滑る・・・箱館山

さて、週末はスキー場が最も賑わう2月の3連休。

 

激込みのスキー場にいってもねえ・・・ということでお休みの予定だったのですが、ふと確認したい動作があることに気付く。

 

う〜ん、来週確認すれば・・・と思うのですが、気になるとどうも気になります。しかし、週末は夕方から予定があるし・・・どないしよ。

 

と、悩んだ末に、土曜日早がけスキーに行くことに。

 

で、頑張って早起きして、なんと8時半にはゲレンデに・・・いつもの場所です。ええかげん飽きてきましたが。

 

曇天、加えて春の陽気のあとの強烈寒波で、雪はあまり降らず・・・ガッチガチであります。

 

ターンのたびにガリガリと滑り落ちていく感じ・・・まあ、今日は低速でのあることを確認したかったのでいいのですが。

とにかく、足慣らしもそこそこにいつもの修行の場に・・・

 

まあこんな状況ですし、大回りなんてケガの元ですから、ゲレンデの端っこのほうでネチネチと横滑りショートのお稽古開始。

 

確認したかったのは、ブレーキングの強さに応じた切り替えの処理の感覚。

 

なので、ずっと低速です。

 

山回りでエッジングして横に向いて、エッジを開放してニュートラルに。板が下に向いて動き出したタイミングをとらえて切り替え、からのターン。その繰り返しです。

 

ピボットターンの要素を加えて、ストックを軸に一気に回転したり・・・。

 

なかなか難しいです。

 

これも、結局はコブにつなげるための試練。

 

これを確実にモノにすることが、コブでの滑りにつながるのです。

 

そう信じて、ひたすら地味〜に、地味に。

 

ちょっと納得の滑りができたと思ったら、次はダメ・・・そんな繰り返し。

墨絵のような風景に、時折癒されたりなんかして・・・

 

気温が上がらないおかげで、斜面はずっと固〜いアイスバーンのまま。

 

そんな斜面に削れた雪が乗っかって、よりテクニカルなバーンに。

 

まあ、低速地味練なのでいいのですが・・・

 

そんなこんなで、気が付けば予定の12時。

 

さすがに2月の3連休、ゲレンデも結構な込み具合に・・・

 

ということで今日の地味練は終了。

 

で、課題は克服できたのか・・・

 

まあ、ねえ。

 

そんな簡単にできりゃあ、苦労はしません。

 

ただ、これが次の滑りにつながればいいのです。

 

とにかく、今回はひたすら地味でした。

 

こんな日も必要です。

 

けど、次回はちょっと別のとこにいきたい・・・ですね。

 

 

16:59 スキー comments(0)
スポンサーサイト
16:59 - -
comment

message :