〜白と青と緑の楽園を求めて〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
コブと一枚バーンの幸せ・・・箱館山

この冬最強の寒波が日本列島を席捲して一週間、ほんとに寒い日が続いています。

 

いつものようにスキーに行きたい病が発症するのですが、なにせ寒波が強烈すぎる。せっかく行くのに猛烈吹雪というのも、なんだかなあ〜となるので、週半ばから天気予報とにらめっこ。

 

どうやら土曜日は、兵庫県北部はヤバいらしい・・・ということで、週末のスキーは箱館山に・・・午前中は晴れが見込めるようなので。

 

とはいっても、ほんとは神鍋あたりに行きたかったのですが、仕方ないので今回も地味練です。

 

とにかく、頑張って6時前に出発。8時半前に現地到着・・・あらら、ゴンドラ待ちで長蛇の列が〜!!

 

なんかあったんやろか・・・駐車場のおっちゃんに確認すると、どうやらトラブルでさっきから動き始めた様子・・・せっかく早く来たのですが、仕方ないです。

 

しかし、そんなに大きな影響はなく9時前には地味練スタートです。

 

とにかく晴れてます。それだけでテンションがあがります。



で、緩めの斜面で大回りと小回りを繰り返してウォーミングアップ。ほどよく身体がこなれてきたところで、右側の急斜面に。

 

今日の課題は、ターン始動時に板を動かさないこと。ニュートラルで板のセンターにのって、かつ斜面に垂直に立っていると、板は自然と下を向きます。それを捉えて外足に過重すれば、板はオートマチックにターンを開始。要はその練習。

 

横滑り小回りの繰り返し。

 

地味です。ひたすら地味です。

 

そして、ほどほどしっくりしてきたら実践の小回り。あかんかったら再び横滑りショート。

こんな感じで、びわ湖に射す陽射しの黄金色に癒されながら地味練の繰り返し。

 

う〜ん、そんなこんなで二時間弱かな・・・なんとか様になってきたところで、今日のご褒美のコブ斜面に移動。

 

リフトから不整地にできたラインを発見。リフト際にもラインが出来てはいますが、前回来た時にあまりいいイメージはなかったので、とにかく新しいラインが必要。

上から見る限りは、シーズン初めには最適な雰囲気です。

 

しかし、滑ってみなければわかりません。

 

ということで、今シーズン初のコブ練開始です。

 

いやいや、なかなかにギッタンバッコンな感じ。課題は、板が開き気味になること。切り替え時に外足が板の頂点に来るまで我慢すること。

 

それに注意しながら、至福のコブ斜を繰り返し。

 

まあ、なんとか破綻はしませんが、スムーズな滑りにはまだまだです。

 

しかし、楽しいです。

 

やっぱりコブです。下手ではありますが、この緊張感はたまりません。

 

で、なんとか様になってきたところで、リフト際のラインにチャレンジ。

 

気合を入れて・・・

 

なかなかにハードなラインですが、途中でなんと神が降臨!!・・・コブを滑っていると、ときどき驚くほどスムーズに滑れる瞬間があります。

 

それを、神が降臨したと・・・

 

まあ、常時それを体現できないとだめなんですが・・・

 

とにかく、今日は4降臨くらいでしょうか・・・神の降臨は、そんな頻繁には訪れません。

 

で、心身ともにヘロヘロになったところで、再び整地に移動。

 

コブを滑ると、不思議に整地が楽になります。

そして、その後は整地ときどき不整地という感じで4時間。足腰に限界が訪れた1時半に今日の地味練を終了。

 

いやいや、なかなかに充実した時間でありました。

 

これで、ほぼほぼ今シーズンの基本はできた感じ。あとは精度をあげていかなければなりません。

 

シーズンは始まったばかり。

 

でも終わるのもあっという間です。

 

とにかく短いシーズン、めいっぱい楽しみます。

 

 

 

20:33 スキー comments(0)
新年早々の地味練・・・箱館山

2018年が始まって4日・・・ぼちぼち家でまったりするのも飽きてきたし。となれば、雪が恋しくなるというもんです。

 

ということで、三が日が明けた4日。連休最終日にもかかわらず仕事よりも早起きして、後ろ髪を引かれる思いで荷物を積み込んで自宅を6時半に出発・・・まあ、早起きの割には遅いですが。

 

明日に迫った仕事に身体を立て直すため・・・というのは表向きの理由。結局は行きたいんですよ、ねえ。

 

まあ、そんなこんなで9時に現地到着。

 

前回は翼と神鍋でお気楽スキーに興じたので、今日は箱館山で地味練です。

 

というのも、前回の神鍋でGoProで滑りをいろいろ撮ってもらって、編集前のサンプル動画を見ているといろいろ気付くんです。課題というか、悪いとこ。

 

そらまあシーズン初めなんで、まだまだなのは当たり前なんですが、そこはそれ、早いうちに課題解消しないといけません。ということで、今日はレジャーとは無縁のスキーです。

 

なんで、あまりテンションもあがらないままに9時半に地味練スタートです。

 

で、今日の課題はニュートラルで斜面に対して垂直に立つことと、腰を意識した過重・・・

 

まずは、ニュートラルでこれできてないと、どうしてもスムーズな切り替えができない。それが結構動画で気になったので・・・

 

降りしきる雪のなか、地味〜な練習を繰り返します。楽しくないです。

 

しかし、そのうちに雪も止んできてきて、プチ青空なんかも・・・

そうなると、地味練でもテンションあがるんです。

 

とにかく、雪が降って視界が悪いうちは横滑りのロングとショートを繰り返し。しっかりとセンターに乗って斜面と垂直に立たないと、スムーズな切り替えができないんですよね〜これが。

 

で、天候の回復に合わせてなんとか様になってきたところで、気合を込めた大回り。

 

急斜面しかないところなので、結構ハードです。

眼下に広がるびわ湖の絶景に癒されつつ、アホかいなというくらい滑降&リフト乗車の繰り返し・・・。

 

普通斜面は緩急織り交ぜた感じなんですが、ここは滑走距離が短い分、ほぼ急斜面のみ。なんか、延々とダッシュをやらされている感覚。

 

こうなるとお遊び感覚はく、懐かしい部活状態です。

まあ、救いはこの空き具合と、関西とは思えないような良好なコンディション。

 

で、リフト際にコブのラインがあることを発見!

 

いやいや、見てはいけないものを見てしまった。

 

太ももはすでにパンパンなのですが、コブを見つけたら入らねばなりますまい。

ちょっと写真ではわかりずらいですが、この先は落ち込んで結構しっかりとしたラインが育ってます。

 

まあ、しっかり身体がこなれていれば太刀打ちできるんですが、なにせまだまだ仕上がってません。なんとか破綻せずに滑れるものの、もはや落ちている感覚。

 

いやいや、コブはまだまだ時間が必要です。

 

しかしまあ、4時間に及ぶ地味練のおかげで、ポジションはかなりいい感じになってきました。コブはこれからですが・・・

 

というわけで、今回の地味練のおかげで掴みはOKという感じでしょうか・・・

 

これで年末年始休暇は今日で終了です。明日からいつもの生活が始まります。

 

準備は整いました。これからは週末スキーでさらに精度アップさせていきましょう!!

 

21:11 スキー comments(0)
懐かしいゲレンデにようこそ・・・神鍋

みなさん、あけましておめでとうございます。

 

細々と今年も続けていこうかと思ってます。気が向けば遊びに来てください。宜しくおねがいします。

 

で、2018年のスタートは昨年末にいったスキーレポからです。

 

例年になく将軍様が頻繁に降臨してスタートして2017-2018シーズン。早々に函館山でシーズンインを終え、なんとか年内にもう一回行きたいと画策。

 

丁度、息子の転職先が年内滑りこみで決まったこともあって、お祝いを兼ねて久々のニコイチスキーにいくことに。

 

で、場所なんですが、シーズンパスの範囲内ということで神鍋万場スキー場に決定!

 

11時過ぎに息子を拾って、いざ神鍋に。

 

神鍋といえば、ハチ高原と並ぶ関西スキー場の老舗なんですが、私、いったことがありません。加えて岐阜界隈の興隆やハチ&ハチ北に押されて、最近回りで行ったということも聞きません。

 

しかし、そんな波にも耐えながら営業を続けているんですから、きっといい場所なんでしょう・・・ということで期待を胸に中国道から北上。2時前に現地到着&就寝。

 

珍しく朝の7時に起床して、リフトオープンの8時半にはゲレンデに!なんという健康的な行動。

 

雲もありますが、晴れてます。

ゆっくりしたペアリフトに揺られながら、ゲレンデ上部に。

 

途中、なかなかいい感じのゲレンデが目に飛び込みます。なんか、いい感じやないですか。

 

そして、メインゲレンデに立つと・・・

楽し気です。

 

で、一気にトップまでいって翼とニコイチスキーのスタートです。

 

少し硬めではありますが、なかなかにいい感じのコースです。そのあとメインのゲレンデを大回りに一気に駆け下りて・・・いやいや気持ちがよろしいです。

 

ピーカンの天気にスキスキのゲレンデ、コンディションも時間が経つにつれていい感じ緩んできて、いわゆる最高〜というやつです。

 

そして、今日はいつものハードなスキーではなく、翼とお気楽なスキーです。久々のお遊びスキーであります。

 

程よく身体が温まってきたところで、今度はお隣の奥神鍋スキー場に・・・

 

いやいや、さすがに風雪に耐えてここまで続けてきたスキー場です。素敵な斜面が目白押し。

トップが見えますが、なにかワクワクするような光景です。あの上にはどんな斜面が待っているのでしょう。

 

そして奥神鍋のゲレンデトップに・・・

素敵な風景と、吸い込まれそうな不整地が待ってました。

 

いやいや、万場&奥神鍋・・・あなどれません。

 

さすがにコブは育ってませんでしたが、本格的な不整地・・・まあ、ここでコブに入るコンディションを整えましょう。

 

といいつつ、アタフタしながら不整地を数本・・・疲れますやんか〜。しかしゼエゼエいいながら、自然と笑みが溢れます。いやいや、やっぱ楽しいです。

 

で、ぼちぼち今日のマストアイテムを登場させて、このコンディションを遊びつくしましょう・・・といっても、マストアイテムは私ではなく、翼ご持参のGoProというヤツ。

 

これでお互いに滑りながら撮り合うというヤツです。よくボーダーさんがメットにつけて滑ってる代物です。

 

タバコの半分くらいの大きさではありますが、これがなにげに優れモノです。手振れ補正も完璧で、気持ち広角に撮れるので、実にいい感じで撮れます。

 

ただ並走して撮るには、相手に合わせたハードはボーゲンも必要です。まあ、相手の小回りのスピードに合わせて、アングルを外さずに周囲に注意しながら、かつエッジ開放気味のボーゲンで直滑降・・・これかなりハードです。いわゆるハードボーゲン。

 

そんなことをしつつ、気が付けばあっという間にお昼・・・

 

昼飯でも、と、立ち寄った食堂・・・ロッジと書いてありますが、あくまで食堂です。

 

で、ここが秀逸。もう、昭和にタイムスリップしたような店内です。

 

ドンドーンと2か所にストーブが置いてあり、金網にグローブがぶら下がってます。

 

注文はカウンターのおばちゃんに・・・おばちゃんが付箋紙に内容と番号を手書きして、こちらには番号札を。できたら、やたら元気なおねえちゃんが、店内に響き渡る声でコール!!

 

これです。懐かしいです。かつてスキー場はどこもこんなんでした。まあ、スタイリッシュにセンターハウス中心に構成されたスキー場もいいですが、やっぱ原点はこれです。

 

そして、奥のテーブルではロコのオイヤンたちが宴会さながらに出来上がってたりして・・・もちろん店のおばちゃんと顔なじみ。

 

そんな懐かしい雰囲気に癒されて、午後からもひたすらGoPro撮影会。

 

いろんなシチュエーションを撮って、ついに二人とも太ももパンパン状態・・・限界を感じて2時半にギブ。

 

いやいや楽しい時間が過ごせました。

しかし、この万場&奥神鍋・・・とっても気に入りました。

 

スキー客が多いというのもありますが、ボーダーさんもみんな上手で、アルペン系が多い。加えて空いてますし、この昭和チックな雰囲気がたまりません。

 

この手のスキー場が生き残っていくにはいろいろ大変かと思いますが、なんとか続いていってほしいですね。

 

神鍋に対していまさらなんですが、いい場所見つけたっていう感じです。もっと早くいけばよかった・・・

 

シーズンパスもありますし、今年は岐阜よりこっちですね。次回はロンリーでじっくりとトレーニングしましょう。

 

まあ、箱館もありますし、氷ノ山国際にもいってみたいし・・・

 

いつものシーズンと違って、場所を考えるという楽しみが増えております。

 

14:26 スキー comments(0)
さあ、冬のシーズン開幕です!

いつになく早い冬の到来で、いつもより早く釣りのシーズンが終了。

 

しばらくはおとなしくしていましたが、早い冬の到来に合わせるように雪の便りが!

 

こうなると、やっぱりいつもより早めに始動しなければなりますまい。

 

というわけで、例年のごとくびわ湖バレイに・・・といいたいところですが、ここ数年購入していたびわ湖バレイの年パスを今年はパス・・・をい。

 

まあ、理由はいろいろあります。あえてここでは言いません。

 

で、今年は9か所どこでもいける年パスを購入!といえば聞こえはいいですが、マイナーな関西9か所のスキー場の年パスです。まあ、気に入ったフラットな斜面とコブがあれば満足な最近の私。あるんですよね、そんなマイナーな場所にそんなところが。

 

ながい前置きはこれくらいにして、とにかく有給をとって、極楽の平日スキーで今シーズン開幕です。

 

そして、今シーズン開幕に選んだ場所は・・・箱館山・・・ほんまに久しぶりです。

 

まあ、平日の通勤渋滞に辟易としながら9時半くらいに現地到着。とにかくゴンドラに乗ってゲレンデ到着!

写真は晴れてますが、雪&ガス・・・久しぶりなのにこれかいっ!!

 

まあ、今日は低速中心なんでいいです。とにかく、ぼちぼちとボーゲンから・・・板のセンターに乗る意識と過重のタイミングを確認しながら、降りしきる視界の悪いゲレンデをのそっと・・・

 

いやいや、なかなか思い出しませんが、これをしっかりとやらないとね。

 

と、気が付けば雪はやんで晴れ間が!

 

これです。これ。

となると、今度は大回りなんかを。

 

久しぶりなんで、やさしくしてね・・・をい。

 

ちゅうか、こっちも一つ一つ確認しながらの始動・・・けど、いい感じです。

 

ちょっと慣れてきたところで、ぼちぼち速度を上げながら、ひたすら大回り。ニュートラルから切り替えて落下するような感覚の谷回り・・・この落ちていく感覚が・・・快感です。

とにかく空いてます。加えてコンディションは良好。

 

大回りもいい感じに仕上がってきたら、今度はショート。途中中回りを入れながら、徐々にターン孤を狭めていきます。ターン孤を横に広めに取ったターンから、縦長の小回り。何度かショートの横滑りをいれて、ニュートラルからの切り替えの感触を思い出させたり、斜面に正対する感触を思い出したり・・・とにかく思い出す作業が多い。まあ、最初なんでね。

しかし、ここ箱館山・・・つかれます。

 

距離が短く、斜度がそこそこ・・・そう、息抜きする斜面がありません。加えてリフト待ち0。そうなんです、気合入れて練習するのは最適な場所です。あと、急斜面がオープンすれば最強です。

 

ただ、レジャー要素はありません・・・うん、打ちっぱなし感覚のスキー場。そんな感じです。

 

ということで、シーズン開幕にしてはなかなかハードな感じで4時間。きました、足腰ヘロヘロ・・・年でしょうかねえ。

 

まあ、そんな感じで無事にシーズンが始まりました。

 

準指に落ちて以来、なんか邪念というかなんというか、なんとも引きずった感覚でシーズンを過ごしてきましたが、ぼちぼち脱皮しないとあきません。

 

なんとなくですが、今シーズンは抜け出せそうです。新たなステージ目指して・・・いつものびわ湖バレイから場所も変えて・・・さあ、いよいよ始まりました。

22:34 スキー comments(2)
今シーズン、ラストレポート??・・・びわ湖バレイ

さあ3月も後半に入って、暖かい日も増えてきました・・・と言いたいところですが、妙に寒い日が続いてます。

 

思えば去年は暖冬のせいで、今頃はすっかり釣りモードに。それを考えれば今シーズンは幸せです。それにホームのびわ湖バレイにもしっかりと雪が残ってます。

 

ということで、3/18、25と、いつものようにびわ湖バレイに。

 

まずは3/18、もうそんなに混んでることもないでしょうと、ちょっと遅めに9時半にゲレンデに。

 

思った通り空いてます。

 

ただ残念なのは、チャンピオンもホウライ北下部も閉鎖・・・そうなんです、コブがないんです。まあ、ホウライゲレンデの端にラインがありますが、いわゆるモーグルライン。どうも相性がよくないのでパス。

 

なので、今日は整地三昧。空いてるので大回りも小回りもし放題です。

とりあえずは、大回りでウォーミングアップ。

 

ポイントは、切り替えから外足にしっかり過重して、進行方向やや内側に体重移動。上体の軸はしっかりセンターをキープ・・・まあ、腐るほどポイントはありますが、そんなとこでしょうか・・・

 

で、程よく身体もこなれてきたところで、先週練習しまくったショートターンを・・・

 

肝は谷回り。山回りは早めに切り上げて切り替え。しっかり外足に乗って・・・と。

 

今日は斜度に関係なく、一定の速度をキープすることを念頭に・・・

ホウライ北の上部は、意外にショートターンの練習に向いてます。

 

今日はこんな感じで空いてるので、ほかの人を気にすることもなくみっちりと。

 

で、今度は斜度変化を求めてジャイアントコースへ・・・

 

ここは中斜面→緩斜面→急斜面→緩斜面→中斜面→緩斜面と、斜度が目まぐるしく変化するので、今日の練習にはもってこい。まあ、ショートに飽きたらときどきロマンスコースで前回のロングターンでストレス回避。

 

まあ、リフト待ちもなく、いわゆる滑りまくりで4時間でギブ。

 

続いて翌週。さらに空いてます。

のんびりとした風景に春の気配が漂ってます。ただ、先週に比べてかなり雪は緩んでます。とりあえずパノラマゲレンデでしばらく滑ったあとは、今日はジャイアントとロマンスを交互に。

 

うん、ジャイアントはショートで、ロマンスはロングという感じ。

 

で、飽きて来たら横滑りなんかも入れたりして・・・準指受験時は苦労しましたが、いまはそれなりに・・・できている気がする。

 

特にショートの横滑りは、結構スムーズに!

 

たぶんですが、以前に比べて板のセンターにしっかり乗れているからと・・・いうことにしておこう。

まあ気合を入れて滑りますが、周りはのどかな雰囲気が。

 

パウダーの厳冬期がやっぱりコンディション的には最高なのですが、雪質が悪くなるもののこの雰囲気も捨てがたい。どっちがいいと聞かれれば、春を選択するかもです。

 

なので、今日は気合半分くらい。

いつもはジャイアントで写真とっても必ず人が映り込みますが、今日は無人のジャイアント。なので今日もいわゆる滑り放題というやつです。

 

そして今日は、悪雪でもしっかりと滑りをキープすること。重くなった雪に板をとられたり、無理やり板を動かすことなく滑れるか・・・意外と難しいのですが、まあなんとか課題をクリア。こうなってくると春がより楽しくなるのです。

 

とまあ、いつものように4時間連続滑走で終了。

 

しかし、今シーズンはびわ湖バレイで楽しませていただきました。なかなかに充実した時間がすごせたような。

 

来週末はもう4月。

 

今シーズンはこれで終了か・・・う〜ん、もう一回くらい行きたいですねえ。でも足伸ばさないと・・・どうしようか。

 

とにかく、びわ湖バレイはいちおうこれで終了。ありがとうございました。ということで・・・

 

18:30 スキー comments(0)
ショートターンの谷回りを創りこめ・・・びわ湖バレイ

3月に入って、今年のシーズンもいよいよ終盤。頑張ってゲレンデに通わねば・・・

 

ということで、金曜日に有給をとって至福の平日スキー。ちょっと天気は気になりますが、HPで営業を確認。いそいそとびわ湖に向かい、9時くらいに現地到着。

 

ゲートに向かって走っていると、なぜか結構な台数の車が下りてくる・・・う〜ん、朝イチ滑走のロコオヤジにしては数が多いし、時間早いし・・・ま、まさか・・・

 

車を停めてHPを確認すると・・・

 

エッ??

 

まさかの、営業中止・・・そ、そんな殺生な・・・

 

しかたないので、失意のまま反転して帰宅。

 

ということで翌日も、もちろんいきましたとも。このままでは気が収まりませんやん。

 

とにかく9時にはゲレンデに。

 

ここ数日の寒波で、ゲレンデはすっかり冬の様相。寒いです。

 

しかし・・・いつものホウライ北のコブ斜面は、イベント開催の関係で立ち入り禁止&ビシッと整地に・・・

まあ知ってましたが、いざ目の当たりにするとなにかねえ。

 

イベントなんで仕方ないですが、せめて半分くらいは残してくれてもねえ。

 

なんと、今シーズンはこのコースはクローズだとか・・・もうちょっと、なんとかなりませんかねえ。

 

と、どっかの理事長なみにぶつぶつと恨み節をほざきつつ、まあ、チャンピオン上部のコブもありますし。

 

愚痴もほどほどに、ウォーミングアップを済ませて、チャンピオン上部に・・・

 

で、いつものコースに。

 

ガリッ・・・いや、ツルッ。

 

完璧なアイスコブ。いわゆるアイスバーンのコブ版。

 

衝撃を吸収するどころか、反発まともにかえってくるやんか!

 

数ターンでたまらずコースアウト。

 

反動は吸収できず、減速できず・・・何度かトライしましたが、まあ、そこまでのテクニックは持ち合わせてないということで、

今日は予定を変えてジャイアントコースでショートターンでもしましょうかと・・・

 

幸い空いてます。いつもはリフト待ちが多いので敬遠するのですが、さすがに春です。

 

まあ、ショートも課題いっぱいなんで、ちょうどいい機会。

 

とりあえずは、谷回りでいかに仕事をするか・・・です。

 

切り替えからの過重のタイミングが遅い点はかなり改善されましたが、谷回りをしっかり感じることができていない。

 

切り替えから外足にしっかり乗って、フォールラインに絡むまでの谷回りを実感することが今日の目標。もちろん、縦長のターンでもワイドなターンでも。

 

当然ながら単に滑るだけではなく、掘ったりズラしたり・・・いろいろと仕事をば。

 

で、鬼のように繰り返し滑走の開始。ジャイアントとロマンスを3:1くらいの割合で・・・

実感できるときは、とてもええ感触で滑れます。が、確率はまだまだ・・・

 

いつもはターンに追われる感じで、なかなかそんなこと考えながら滑らないので、かなりええ練習ができました。

 

おかげで・・・といいたいところですが、

 

まあ、

 

成果は、

 

それなり・・・ということで。

 

しかしまあ、ちょっとは変わったかも。

 

で、今年もあと何回いけるかわかりませんが、来シーズンにつながるようにしないと。

 

18:51 スキー comments(0)
ゴートゥーヘブン with bump・・・びわ湖バレイ

冬と春とのせめぎ合いがようやくひと段落。

 

週末の天気予報は晴れ、加えて春の陽気。

 

そうなれば・・・

 

まあ、そんな前振りはさておき、週末もいつもようにびわ湖にいってきました。最近は頑張って早起きしてます。なんで、9時まえにはしっかりとゲレンデに。

定点撮影のような風景ですが、気になるのはチャンピオンコースのコブ。いやいや育ってますやん!

 

ということで、今日も終日コブ漬けになるためにいそいそとリフトに乗って上部に。

さすがに9時まえ・・・空いてます。

 

とにかく大回りと小回り・・・空いたゲレンデで気ままなコース取り。いつものように人を気にしながらということもなく、ええ感じでウォーミングアップを終了してチャンピオンコースに。

先週と比べて、コブの海になってます。とにかく、先週滑ったラインで一本。

 

朝の冷え込みのおかげで硬い・・・うーん、バンクには中途半端やし、ノーマルにしてはちょっと間延びしてるか・・・まあ、どっちでも滑れそう。

 

ということで、バンクとノーマルを交互に。

 

で、結果はノーマルのほうがしっくりくるかな。

 

とにかく低速ペアリフトを使って、飽きずに繰り返し。

気が付けば、すっかりと晴天に!

 

気温高めです。もう春スキーの風情。

 

いやいや、この雰囲気大好きです。

 

真冬のシーズンもサラサラパウダーで好きなのですが、やっぱりトータルに考えるとこの季節が最高です。雪はわるいですが、雰囲気を考えればやっぱりこっち。

 

まあ、そんな中、バンクはいまいちながらノーマルはええ感じです。

 

今日はできるだけ縦気味に突っ込んで、スピードをキープ。スピードが上がった分集中しないと動作が後手に回る。このラインならなんとか対応できます。

 

しかし、これ以上深くなると・・・うん、無理でしょう。

 

で、今日はこれくらいにしといたるわ〜!というくらいまで滑ったあとはホウライ下部へ。

ちょっとわかりにくいですが、かなり育ってます。

 

細かいピッチに加えて深い・・・ロコモーグラーがせっせと掘った結果です。

 

まあ、どうあがいてもそのラインを滑るのは破たんする可能性大。

 

ということで、ちょっと不規則ではありますがセンターちょっと右のラインに。そんなに掘れたコブではないですが、並びは不規則。

 

どっちかというと、こっちのほうが好きなので・・・

ここでもスピードのキープが課題。

 

ちょっと間延びしたところは、縦気味に横滑りでつないで、うまく次のコブの山に着地。

 

この深さならなんとか対応可能です。

 

あとは、板を常に雪面から離さないように・・・雪面コンタクト重視です。

 

で、今日もしっかりと4時間あまり。

 

最後は気温のせいでかなり雪も緩みましたが、納得のお稽古が終了。

 

う〜ん、今シーズンは調子いいです。

 

このままいけば、ワンランクアップしそうな予感・・・といってもまだまだなんですが・・・

 

ということで、今シーズンも残り1か月ほど。

 

大好きな3月です。ちょっとまめにいきましょう!!

22:47 スキー comments(0)
コブ!コブ!コブ!・・・びわ湖バレイ

スキーシーズンたけなわの2月なのに、早々にインフルエンザ感染・・・これはかなりショックです。で、悶々とすること数日。当然スキーに行けるはずもなく、なんとか体調が回復傾向になった某日・・・ほんとは家でおとなしくしていないといけないのですが、気が付けばびわ湖バレイのゲレンデに立っておりました・・・をい。

 

で、当然ながらコブ斜面に・・・とはいっても十分回復したとは言い難く、とにかくチャンピオンコースのやさしいコブに・・・が、前回頑張って作ったラインは当然ながらなく、わずかにラインらしきものが残っている程度。これは掘るしかないですか・・・ということでひたすら滑り続けますが、ラインはできず、あきらめてホウライ北下部のいつもの斜面に。

 

まあ、病み上がりにはきついシチュエーションではありますが、なんとか稽古を積み重ねていつも時間に体力がエンプティに。

 

で、そのあと今度は風邪・・・インフルくんではないです。

 

毎日毎日、花粉症か風邪かわからない状態が続くこと数日。なんとか回復傾向が見えたので昨日も頑張ってびわ湖バレイに。

 

珍しく9時前にゲレンデに。

 

快晴です。風邪も治るというもんです。

そして今日もコブが育ってます。

 

もう、この光景を見るだけでパブロフの犬状態。

とにかく整地でのウォーミングアップもほどほどに、チャンピオンコースのコブラインに。

 

今日は、なんとかできてます。

 

ここ最近の天気のせいで、硬いバーンではありますが、バンクターンの稽古にはちょうどいい感じ。

で、孤独なコブ鍛錬のスタートです。

 

滑ってはぶつぶつ反省点などを呪文のように唱えながらリフトに・・・

 

そして反省点を踏まえて再びコブ斜面に・・・

 

次第にラインは掘れていき、いい感じに。

 

とにかく肩のラインは下方向をキープして、コブを越えるタイミングで腰主導で次のターンをリードする感じ。

 

その入れ具合はコブの形状と、板の進行方向で決めるという感じ。スピードはコブを越える際のテールのズラし具合でコントロール。

 

まあ、今回のようなコブでは対応できますが、大きなヤツになると・・・ねえ。

 

とにかく今日は、そのイメージをしっかりとマスターすることが課題ですか・・・

まあ、そんな繰り返しをしつつ、リフト際の樹氷に癒されたりしながら。

 

しかし、ここはいつも空いてますし、ひとも少ない。

 

しっかりしたラインができていれば、恰好の練習場所です。

とにかくひとしきり練習した後は、いつものホウライ北の下部。

 

そうです、難易度の高い斜面です。

 

ここはバンクラインではなく、ノーマルライン。

 

腰への負担は半端ないです。

 

とにかく、今日もなかなかに深いラインができてます。

 

いつものように、ちょい左側のラインを繰り返し。

ここでの注意点は板を振りすぎないこと。

 

怖いですが、縦気味に板を落とす。そしてコブを越えと同時にトップを落とす。このタイミングが遅れるか、足先だけで操作したら間違いなく上体が遅れて発射。

 

勇気をもって落とすことができれば、次のコブに板のトップがかかってあとはオートマチック。

 

まあ、どの方向に板を落としていくかを瞬時に判断してその動作を実行しなければなりませんが・・・

 

これも、それなりのコブなら対応できますが、深ーい奴が来たら、一瞬気おくれしてEND。

 

う〜ん、深いコブに対しては思い切りと、自分を信じて突っ込む勇気でしょうか・・・

 

まあ、まだまだ信じるほど自分のテクに自信ないので・・・をい。

 

とにかく、風邪を忘れるほどに没頭すること4時間。

 

いろんな動きに身体がついていかなくなったところで本日終了〜

 

しかし、いい稽古ができました。

 

さて次からは3月。あっという間にシーズンも終盤です。

 

来月はちょっと詰めていきますか。

 

22:41 スキー comments(0)
魅惑のコブ斜面・・・びわ湖バレイ(1/28)

猛烈な寒波やプライベートな用事の影響で、シーズンたけなわにもかかわらずここ2週間ほどスキーにいけてませんでしたが、ようやく出撃。

 

気合を込めて朝の5時に起床・・・で、家をでたのは6時半・・・をい。

 

うん、朝は苦手なのです。

 

がしかし、いつもよりは早く9時過ぎにはゲレンデに。

晴天さんです。

 

加えて気温もいい感じで、雪質も良好・・・もうなにもいうことはありません。

 

そして、しっかりとコブが育ってます。

昨シーズンは暖冬の影響で見ることのできなかった風景。

 

やっぱこれがないと、びわ湖バレイの魅力半減です。

 

ということで、今日はここでひたすらコブ三昧・・・といいたいところですが、昨シーズンはほとんどコブを滑ってません。

 

久しぶりなので、やさしくしてね・・・をい。

 

なので、ちょこっとやさしいチャンピオン上部のコブに。

ここも斜度的にはけっこうあるんですが、ロコのモーグラーがあまりはいらないんで、そんなにコブが育ちません。自然発生的にできるラインを仕上げていく必要があります。

 

で、どこを攻めようかと・・・思っている目の前にいい感じのラインがっ!

前半はここで、しっかりと感覚をよみがえらせましょう。

 

ということで、まずはノーマルターンで・・・あらら、途中でラインがきれてます。

 

仕方ないですね・・・こうなれば後半はボーゲンでライン作り。

 

で、くりかえすこと10数回。

 

ようやく、myラインが仕上がった!!

 

前半はピッチ細かめのノーマルラインで、後半はワイドな縦長気味バンクライン。

 

ちゅうことで、あとはひたすら滑るのみ。

 

で、注意点は上半身を無暗に振らないことと、板も縦に落とすこと。

 

あとは上体が遅れないように、コブを超えるときに積極的に落とす・・・けっして上体だけ落とさずに腰から落としていく・・・これです。

こんな絶景をみながら、気が付けば3時間・・・休憩もなしにコブ三昧。

 

次第にコブも深くなってきて、なかなかスリリングな滑走・・・加えて体力の消耗も半端ではありません。

 

いい加減腰にきたところで、タバコ休憩。

 

で、今度はいつものホウライ北のコブ斜面。

 

ここはロコモーグラー御用達のところなので、結構難易度の高いラインに育ってます。

 

加えて北斜面なので、硬めです。

 

何度か跳ね返されましたが、途中からはそれなりに・・・

ここはほとんどノーマルライン。ガンガン落としていく必要があります。

 

体に負担はきますが、衝撃を受け止める感覚・・・快感〜!!

 

で、みっちりと4時間。ええ感じに仕上がりました。

 

いやいや、2年ぶりです。まもとにコブ滑ったのは。

 

が、久しぶりにしてはいい感じです。

 

実は一昨年・・・上体を振りすぎる癖がついてしまって、そのままシーズンアウト。

 

不安な感じで今日すべりましたが、久々なのが功を奏したようで、その癖が抜けてました。

 

ということで、14時前に体力の限界・・・

 

ヘロヘロになって終了です。

 

しかし、やっぱりコブです。

 

楽しいです。

 

これです。

 

今シーズンは、ひたすらコブを極めます!!

 

00:58 スキー comments(0)
薄雪の地味練・・・びわ湖バレイ(1/3、7)

遅くなりましたが、新年あけましておめでうございます。

なんのとりえもないブログですが、今年もごひいきに・・・

 

で、昨年末に初スキーを終えて、やっぱり正月休み。ここは一回でもいっとかなあきません。

いついこうかと、愛犬ひなを散歩させつつ考えておりますと、スマホから着信のコール。

 

でると・・・スキーの相方takeshiくん。

 

なにやら、正指導員試験の練習がしたいとのこと・・・それならばということで、天気はいまいちながら1/3にびわ湖にいくことに。

 

で、当日。いつものように桂SAで待ち合わせして、9時すぎにはゲレンデに・・・ガスってます。まあ、びわ湖恒例の光景ですが・・・それに今日は低速中心の地味練。まあ、ノープロブレム。でも、晴れてはほうが・・・ね。

 

とにかく、そんな視界のないゲレンデに向かって地味練のスタート。

ただガスってるといっても、時々は視界がひろがります。そんなときは、地味練に終始するtakeshiくんをほったらかして、ちょこっと全開で大回り。

 

まあそんなことを繰り返しつつ、今日のポイントはいかにして板のセンターへの過重をキープするか。

 

そんな感じでまったり稽古していましたが、次第に風が強くなってきて条件は劣悪に・・・やがて頼みのパノラマリフトが強風のため運行見合わせ・・・

 

まあ、そんな日もあります。

 

で、仕事も始まった最初の週末・・・当初そんなにいい天気予報ではなかったのですが、次第にいい方向に変化。

 

前日には、快晴の予報に・・・

 

これは、当然いかなければ・・・ということで、9時すぎにはゲレンデに立っておりました。

 

快晴です。いわゆる晴天さん!

あいかわらず雪はすくないですが、これだけいい天気なら許されるというもんです。

 

で、今日のテーマは谷回りの捉えをしっかり感じること・・・よくわからない表現ですが・・・

 

とにかく、快晴のゲレンデトップに・・・

眼下に広がるびわ湖が素敵です。

 

そんななか、大回りからスタート。切り替え後の谷回りから外足でしっかり雪面を捉えて、ターン前半をしっかり造って・・・

 

まあまあ・・・かな。

 

で、ちょっとゲレンデが混みだしたところで、ショートターンに切り替え。

 

・・・いまいち、うん?、いまに・・・いまさん・・・まあ、あきません。

 

あれやこれやと試行錯誤しているうちに煮詰まってきて・・・眼下の光景に癒されて・・・

そんなことを繰り返しつつ、最後には、まあなんとか。

 

まあなんとかです。

 

あとは次回です。

 

宿題いっぱい。

 

けど、シーズンは始まったばかりですから。

 

今日は、この晴天のもとで滑れたことに感謝しよう。

 

しかし、雪が少ない。予報では来週からは本格的に将軍様が降臨してくる模様。ぼちぼちコブも滑りたいんで、本格的な降雪に期待ですね。

23:35 スキー comments(2)
1/9PAGES >>