〜白と青と緑の楽園を求めて〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
熱風トライアル!

さて、還暦というものが近づいてきました。ということは、会社も定年という一定の区切りが迫ってきたということ。

 

で、うちの会社。ラスト一年にリフレッシュ休暇10日が付与されるという、なんともありがたい制度がっ!

 

とはいっても一気に10日はさすがに難しく、普通は5日づつ消化するというのが一般的なやり方。ほんとはもっと早く取りたかったのですが、諸事情があって、一発目の5日間をこの7月に取得。

 

ということで、この酷暑のなかでのサマーバケーション。

 

梅雨明け狙いは見事に的中しましたが、恐ろしいまでの猛暑・・・でも、この機会を逃すはずもなく、しっかりと相方を誘って南紀に釣行。

 

目当てのポイントは先客が・・・あらら。

 

では、こんなときのために確認していた新規の磯場を覗きましょう、と、そこからほど近い場所の地磯に。

 

ロケーションは雰囲気ムンムン、で、即決。

 

容赦なく照り付ける陽射しを全身に浴びつつ、ボトボトになって現地到着。

 

今季初の地磯らしい、地磯。

さあ、なんでもいらっしゃ〜い・・・という前に、恒例の、

 

アレです。

 

缶ビーです。

 

プシュッ・・・

 

グビッ・・・・・・

 

ひ、ひゃ〜〜〜

 

う、旨〜〜〜〜い!!!

 

しかし、暑い・・・一気に3本。モウダメ・・・

 

で、そうこうしているうちに見事な夕景。いよいよです。

このポイント、20m付近までは浅い上に大きな石がゴロゴロ、その先は落ち込んで砂地のゴロタ。そうです、ちょっと投げないとダメなポイント。加えて回収には高速巻きが必要・・・あまり好きなスタイルではないですが、やらんとね。

 

で、いつものように夜の三冠王が暗躍。ウッチー、ウッチー、伝助、ウッチー、エイそしてウッチー。

 

そんな横で、ひゃー、塩焼きサイズやわ〜!、と、楠っさんはイトフエをポチポチ捕獲。

 

そんな中、ちょっとこましなアタリとともに上がってきたのは・・・

 

な、なんとフエダイ!!!

 

そうです、シブです。キロ1万円の高級魚。

 

ただ、

 

さ、

 

サイズが・・・

30弱と・・・

 

もうちょっとねえ。まあ、塩焼きには適当なんで。

 

で、その後はさしたる見せ場もなく、時折交信する理不尽大王のほうもそんな感じで。

 

今日はアカン日ということで、1時に終了。

 

そして事件はそのあとに。

 

車を岸際まで持ってきた関係で、帰りは置きっぱなしになっている船の横を通らねばなりません。

 

行きは明るかったのでよかったのですが、帰りは当然真っ暗・・・

 

誘導してもらいながら、そろそろと船の横を通過・・・

 

もう大丈夫かな〜〜と、思った瞬間・・・

 

ボコボコ、ガリガリガリガリ、ボコボコ・・・

 

エッ???

 

エッ?????

 

ま、

 

まさか・・・・

 

こすってしもた・・・orz

 

左のドアが、ボコボコになったうえに、カラフルに緑と青の塗装がベットリ。

 

失意・・・・・

 

で帰宅後、2時間かけて、パンツまでボトボトになって塗装はなんとかとったものの、へこみや傷は、ねえ。

 

もう、しばらく釣りはいかんとこ・・・いやいや、せっかくのバケーションやで、この機会を逃してどうする・・・

 

葛藤です。

 

激しく葛藤です。

 

そして数日後、気が付けば、再び南に向かって車を走らせておりました・・・をい。

 

まあ、ここで行かないと、ほんまに行く気がしなくなる・・・のが怖いんで。

 

ただ、今回はちょっとお手軽な波止です。

 

ロンリーなんでね。

 

で、荷物を移動させてセッティング完了〜〜。

でもねえ、半端なく暑いです。

 

陽が西に傾いたとはいえ、缶ビーがたまらなく旨いとはいえ・・・やっぱり暑い。

 

汗が絶え間なく流れ落ちてきます。

 

とにかく暑いし、やることないし、なんかしてないと余計に暑いし、

 

いつもより早めに、すべての仕掛けを投入・・・そうです、はやくも臨戦態勢。

 

でもねえ、結局は暗くならないと始まらないし、

 

でも暗くなるにはまだまだ時間あるし、この暑さ、なんかしてないと時間やりすごせないし・・・

 

という感じで、仕掛け投入なのです。

 

なので、滴り落ちる汗を感じながら、ぼけ〜っと椅子でくつろいでますと、

 

その時は、なんの前触れもなく、

 

突然に・・・・

 

いきなり、左の竿が高速発射〜〜〜〜〜〜!!

 

チャリーーーーン

 

ロープ、ビ〜〜〜〜〜〜ン

 

三脚が、

 

ズ、ずれて・・・

 

下がって・・・・

 

竿先は、竿受け始点に海面にむかってグイーングイーンと脈動。

 

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

こ、これ、サメとちゃうかったらほんまもんのヤツや〜〜〜〜〜〜

 

で、竿とって・・・・

 

あ、あか〜〜〜〜ん、ロープが〜〜〜〜〜

 

竿を股にはさみながら、なんとかロープを外して、竿を起こして・・・・・

 

あれ〜〜〜〜〜起きひんやん。

 

で、も一回腰を落として、オ、オリャ〜〜〜〜〜

 

起こした瞬間、竿先がグイーン。

 

必死で耐えておりますと、ちょっと抵抗が・・・そこを逃さずリール巻き巻き。

 

で、途中で二度目の締め込み・・・・

 

竿を立ててしのいで再び巻き巻き・・・・

 

で、三度目の締め込み・・・

 

相手は、弱ってきている様子ですが、今度は左にあるテトラに向かって走り出した!!

 

そっちいったらあか〜ん。

 

必死でこっちに寄せてくる・・・

 

そして海面にボコッと。

 

おっ!

 

お〜〜〜〜

 

おお〜〜〜〜〜〜〜〜

 

きらめくシャンパンゴールド!!!

 

まぎれもなく、

 

タ、

 

マ、

 

ミ〜〜〜〜〜

 

そこで、気づきました。

 

タモがとれないことに・・・

 

ど、どないしょ〜〜

 

引き抜く????

 

そんな根性ないし。

 

で、視界の先に、いかつい感じのルアーマンのイカ師が!!!

 

お、オッチャーン、

 

こっち来て、

 

タモとって・・・

 

いかつい割には、意外にフットワークが軽く、親切にタモを手渡していただき、無事に捕獲。

 

ドサッ!!

久々です。

 

久々のタマミです。

 

タモハミなんで、間違いなくロクマルです。

 

恥ずかしながら、初めてのタマミ、ロクマルです。

 

そして、気になるその寸法は・・・

66cm!!

 

まあ、タマミでいえばそんな大物ではないんでしょうけど、ここはそれ、自分にとってはうれしい限りのサイズです。

 

いやいや、これでコロタマともにロクマル達成。

 

しかし、ほんまに三段締めでありました。

 

なぜか、はるかかなたの高校時代、理科室の隅で、筆おろしを自慢げに語る悪友を思い出してしまった。

 

・・・そら、三回絞められて、あえなく逝ってしもた。よかったわ〜・・・・って、をい。

 

まあ、似たモンがあるかもです。

そして日暮れ。

 

まだまだ時間はあります。

 

もう一回、あの三段締めを・・・・

 

今度はもっと強烈なヤツを・・・

 

という妄想にまみれて、時間は無常に経過。

 

三段締めには程遠く、現実は三段締めならぬ三冠王@夜の登場で終了。

 

しかし、満足です。

 

そうです、見てください、このジジイの満足げなスマイルをっ!

 

16:53 釣り comments(8)
梅雨明け末期の洗礼

梅雨入り以降、タマミの釣期ではありますが、なかなかいけない。せっかく有給をとったものの、天気はイマイチなのでしかたなく釣行キャンセル。

 

まあ、単独なのでだれも困りませんが・・・

 

しかし、せっかく行くと決めたので、なんとか行きたいのが心情というもの。

 

翌日、不安定な予報は継続中にもかかわらず、今日は大丈夫というなんの根拠もない自信に任せて、いざ南紀へ・・・

 

まあ、理不尽大王が釣行するという連絡を受けて、心が揺れたのです・・・

 

とにかく天気はイマイチ、加えてタマミとはとてつもなく相性が悪い。最近釣ってません・・・

 

なので、新規開拓・・・そう、どうせ釣れないのなら、いい機会なので実験的釣行にすることに。

 

で、タマミというのはちょっと置いといて、きっと秋にはコロがでそうな釣り場にいくことに・・・初めから勝負をあきらめてるやん。

 

いやいや、実りの秋を迎えるためには必要な儀式なのです。

 

で、最初の候補地。駐車場から近いし、雰囲気いいし。今日はここでやってもいいけど、もう一つ見たかった場所に移動。

 

そして次の候補地。やっぱり駐車場から近いし、なんといっても磯です。らしくないけど磯です。

 

というわけで、ロンリーでも安全な磯場に決定。

 

重たい荷物を担いで現地到着&缶ビー・・・セッティングは??

 

まあ、まあ、まあ・・・をい

 

プチ休憩のあと、まったりとセッティング。

予報に反しての晴天と心地よい潮風、缶ビーの程よいアルコール感。いやいや、もう満足です。

 

まあ、エサつけて放り込んでおけばなにか来るでしょう。

 

しかし、ええ心地です。釣れなくてええか・・・と、沖をみると、不穏な黒い雲。来たか!!

 

で、スマホをみると、なんとか巨大な積乱雲の塊は沖合を通過するようで、一安心。

 

が、点在する雲が何個か通過する模様。

 

一発目は、軽い降りでカッパマンにもならずにやりすごし。

 

しかし、二発目が直前で急発達。これは真剣にヤバいです。

 

カッパマンになって、カバンにも袋かぶせて・・・

 

ボタッ、

 

ボタッ、ボタッ・・・

 

ドバーーーーー!!

 

あか〜ん。

 

思わず、裏のプチオーバーハングになっている岩の下に避難。

 

久々の長い時間の三角座り。

 

久々の修行・・・

 

還暦前のジジイが、

 

土砂降りの磯で、

 

オーバーハングの岩の下で、

 

身をかがめて三角座り・・・

 

加えて、最近カッパを使ってなかったので、当然ながら機能不全。

 

気が付けば、背中からお尻にかけて、お漏らししたようにグッショリ。

 

知らん人がみたら、きっと・・・をい

 

で、耐え忍ぶこと30分。

 

ようやく雨雲が通過したところで、ジャコさんが陣中見舞いに。

 

理不尽大王経由で、うちに・・・

 

雨連れてきたやろ・・・

 

しっかりと小物タックル持参されてます。

 

そして、小ガシラを2匹ほど釣ってタイムアウト。

 

嵐のように去っていきはりました。

 

で、さっきの大雨が嘘のように煌々とした月明り。

さあ、月明りに誘われてヤツが来るで!!

 

という思いは、あくまで希望的観測。

 

その後、竿先は揺れることもなく・・・

 

見事なまでのKO敗戦。

 

まあ、理不尽大王も不発だったようで、きっと今日は海況がよくなかったと思いましょう。

 

しかし、このポイント。

 

秋にはきっとコロがくるでしょう。

 

次は秋に来ましょう。

 

ということで、釣果はなかったものの、竿出せる場所を一つ確保です。

17:29 釣り comments(0)
2018、開幕戦はやっぱり地磯で

さて、一週間遅れの更新です。

 

今週に入って入梅・・・毎日それらしく不安定な天気が続いていますが、そんな状況を察知して先週末、ちょっと早めではありますが、天気に誘われてコロタマ開幕してきました。

 

最近ロンリー釣行が多いですが、やっぱり開幕ともなれば、当然ながら楠っさんとニコイチ。

 

入梅前の晴天のもと、楠っさんを迎えに行っていざ南紀に。

 

で、今回は地磯です。とはいっても観光客が多いので秘境的な雰囲気は皆無。

 

けど少し磯を降りると・・・上の喧騒とは無縁のなかなかの雰囲気。

 

やっぱり、タマミはこれでしょう。

まあ、お気軽といえばお気軽なんですが・・・

 

セッティングを早めに済ませて、仕掛けを投入。

 

で、恒例の缶ビー乾杯〜〜。

 

快晴、

 

心地良い風、

 

鼻先をかすめる潮の香り、

 

そして、缶ビーの喉越し・・・あとは、竿の発射を待つのみです。

 

とまあ、いつもの下世話な話で盛り上がっていますと、気が付けば夕暮れ・・・

 

さあ、いつでもいらっしゃ〜い。

 

が、来るには来るのですが、恒例のヤツです。

 

ウッチーに伝助・・・

 

まあ、このアタリに寄せてくるときの感触・・・これもコロタマならではですか・・・

 

とにかく、これもコロタマの光景です。

 

で、気が付けば月が煌々と東の空に・・・

開幕戦はこんなもんです。

 

いわば、ウッチーや伝助をあしらう感覚をよみがえらせるために、通過せねばならない儀式のようなもんでしょうか。

 

あ〜、今年の開幕もこれで終わるんでしょうか・・・

 

とあきらめかけていますと・・・

 

左の竿に押し込むようなアタリ!!

 

そして次のアタリで竿尻が〜〜〜

 

タマミではないでしょうけど、けっこうなサイズか!

 

急いで駆け寄って竿をとりますと・・・相手の脈動が竿尻を通して伝わってきます。

 

こ、これは〜〜

 

腰を落として渾身の合わせ〜〜

 

グワーン!!!

 

リールは巻けますが、とにかく重い・・・ひょっとして・・・

 

高まる期待を力に変えて、高速巻き〜〜

 

フッ・・・・・・

 

あらら、ばれた???

 

仕掛けを回収してくると、根付のところでスパッと切られてました。


サメやったらわかるんですが、いかんせん横走りはしなかったし・・・

 

まあ、正体不明としときましょう。

 

で、そのあとは沈黙の時間が過ぎて・・・The End

 

とにかく今年も開幕です。

 

どんなドラマが待っているのでしょうか?

 

思えば還暦前のシーズン、しばらくは、これに没頭します〜〜 ^^v

16:17 釣り comments(2)
ノスタルジック・リバー・スタイル

気が付けば、前回の今季初釣行からおおよそ一か月が経過。まあ、釣りにはどうも中途半端な時期というのもあってなかなか足が向かなかったのですが、ぼちぼち行かないと・・・

 

と、こんな時はやっぱり、週末定時後釣行に限ります。

 

で週末、いそいそと仕事を片付けて、仕事スイッチオフ!・・・まあ、いつもオフといえばオフになっているのですが・・・をい。

 

エサを調達して・・・と言いたいところですが、前回の串本であまった奴で作った塩マムシを持参。速攻で目指す釣り場に。

 

場所ですか??・・・この時期、週末となればあそこしかありません。

 

とにかく、1時間弱で現地到着。

 

ささっとセッティングを終えて、仕掛けを投入。

 

そして椅子にすわって、缶ビー・・・仕事終わりに竿出して、竿先見ながらの缶ビー・・・至福の時間であります。

 

暑くもなく、寒くもなく、いい心地です。あとは竿先にビビッとアタリがあればもう、なにも言うことはありません。

 

しかし、初めてここに連れてきてもらってから10年以上が経過しますが、護岸工事がそこここで進められてすっかり様変わり。

 

それにつれて、釣果もおちてきたような気が・・・

 

前はフルキャストさえすれば釣れてたような記憶があるのですが、最近はなかなか釣れないので遠投したり、近投したり・・・それでも芳しくない釣果。

 

なので今日は、初心に帰ってフルキャスト!

 

で、缶ビー飲みながら魂の抜けた目で見つめていた竿先が・・・グググッと!!!

 

お〜〜

 

来ましたがな!!

 

タモもって、竿に駆け寄った目の前で、さらに・・・グググッ!!!

 

お〜〜

 

竿尻が〜〜

 

竿を立てて、グイッと・・・

 

久々の感触です。

 

しかし、遠投したおかげてなかなか寄ってきません。

 

そしてようやく海面に・・・

 

キビレちゃんやんか〜

 

タモで掬って、

なかなかの良型です。

 

そして元気です。

 

去年はここで釣れなかったんで、約2年ぶりのご対面です。

 

ちょっとしたら、久々のキビレ40オーバーかな??と思いつつ、メジャーをあてると・・・

微妙に・・・41cm。

 

さあ、帰ろ・・・をい。

 

大好きな夕方の一発。もうあとは余裕しゃくしゃくです。

 

定期的にエサを確認しながら、フルキャスト。

 

かつての川スタイル。やっぱりここはフルキャストが似合います。

 

そして、9時半をすぎて干潮。潮がわりあたりにくるかな〜と、なんの根拠もなく思っておりますと・・・

 

竿先がビビッと・・・

 

あらら、ほんまに来た!!

 

さっきよりはちょっと小さめかな?と思いつつ寄せてきて、ドサッ。

さっきよりはちょっと小ぶりなキビレちゃんであります。

 

いやいや、ここで2枚釣るのは何年ぶりでしょうか??

 

日付が変わるまでにまだまだ時間がありますが、すでに満足状態。

 

で、余裕をかましてしまったのが悪かったのか、その後はアタリもなく、日付が変わったあたりで終了〜。

 

初心に帰ってフルキャストでキビレ2枚。

 

なかなか楽しかった。

 

さあ、次はいよいよコロタマ、開幕か〜〜っ!!

 

16:16 釣り comments(0)
さて釣りの季節、やにこよかったか?

さあ、前回の更新から気が付けば二か月が経過・・・

 

思えば例年にない積雪で始まったスキーシーズン、これは余裕で4月までできますやん!と、快調に滑り出したものの、待っていたのは急激な気温の上昇・・・3月になかなかいくことができず、結局3月初めに終了。

 

そうなれば釣りを前倒しで・・・などと目論んでおりましたが、それも諸事情でなかなかかなわず、結局気が付けばGW。

 

まあ、この時期釣れないんでねえ。

 

とにかく、一回目の釣行を済まさねばスタートすることもできず、半ば儀式と化してしまった初回釣行に行ってきました。

 

で、どこでなにを釣るか・・・ここ数年はひょっとしてタマミでも・・・などと考えて釣行してましたが、当然ながらそれはなかなか難しく、今年は超ノーマルなキス狙い。

 

まあGWですし、楠っさんと串本まで足を延ばすことに。途中、GWならではの渋滞に巻き込まれながらも、なんとか2時過ぎに現地到着。さすがににぎわってます。

 

というわけで、一級ポイントはことごとく先客あり。まあ、それ以外どこがいいかはよくわからないんで、取りあえず、足場のいい場所を選択・・・まあ、時期が時期ですから・・・

とにかく、いつものようにあわただしく準備して、シーズン一発目の・・・これです。

 

缶ビーで乾杯〜〜!

 

これにて、今年の初回釣行のミッション終了です・・・をい。

 

まあ、とにかく旨いです。今年も、頑張れます。

 

で、このポイント、めちゃくちゃ深い・・・なんか、期待してしまいます。

 

そんなこんなで、楠っさんと久々に下世話な話で盛り上がってますと・・・楠っさんの竿にシャープなあたりっ!

 

マダイですがな!!

 

なんでしょうか、披露宴の塩焼きサイズ??・・・20cmちょっとの塩焼き良型サイズです。

 

うん、今日はコイツですなあ・・・と、手返しを繰り返しますが、その後は沈黙。

 

加えて、やたらトンビが多い。振り返れば、奴らが鈴なりに・・・

いやいや、君たちにあげるようなもんも釣れませんて・・・

 

そのうち私たちの釣果に嫌気がさしたのか、いつのまにかトンビは消えてました。

 

そしてなんの見せ場もなく、正面にはお満月。絶景です。

さあ、これからマダイにキスが竿先を揺らすで〜〜!と、期待が高まりますが・・・

 

満潮をすぎても、

 

潮が大きく動き出しても、

 

竿はピンと直立不動のまま。

 

そうこうしているうちに、夜明け。

よっしゃ、朝マズメの一発やで。

 

マダイのおっきいのんは、明けてからくるんやで〜

 

という願いもむなしく、記念すべき今年の初釣りはキス一つで終了。

 

まあ、こんなもんです。儀式です。

 

とにかく、今年も始まりました。

 

しばらくは正攻法でキスやチヌなんかを狙いつつ、それなりになってきたら、いよいよコロタマっ!

 

さあ、今年も楽しみましょうか!

16:30 釣り comments(2)
春は何処へ・・・今庄

さて、一週間遅れの更新です・・・まあ、特に待っている人もいないので・・・をい

 

で、3月に入ってから今までの極寒な冬が嘘のような気候・・・いったいどうなっているのでしょうか?

 

強烈寒波が立て続けに襲来しているころには、今年は4月まで余裕でスキーがっ・・・と思ってたのに、期待してたのに・・・なんと3月以降は、春を通り越して初夏の様相。近畿のスキー場も今シーズンの営業を終了しますとの告知がちらほらと・・・orz

 

まあそんな中、先週末も懲りずに雪を求めて旅立ってきました。

 

兵庫のスキー場は軒並み怪しい雰囲気。だったら箱館??といいたいところですが、もうちょっと大きなとこで滑りたい・・・ということで、今回チョイスしたゲレンデは・・・

 

いま、今庄〜

 

いやいや何年ぶりでしょうか。

 

なかなか中途半端なところに位置するゲレンデなので、ちょっと足をのばしてskijamという選択が多くなってしまう。

 

が、今年は新たなシーズンパスのおかげで、その今庄も対象ゲレンデに・・・なので、いってきました。

 

まあ、小規模ながら斜面構成は充実しております。

 

しかし、この陽気・・・シャバシャバなゲレンデは覚悟しないと・・・

 

で、2時くらいに現地到着でそのまま就寝・・・駐車料金徴収のオイヤンに起こされて、早めの目覚め・・・なんか今年はこのパターンが多い。

 

まあ、そのおかげで8時にはゲレンデに立つのです・・・よっ品行方正!!

 

快晴です。大好きな春スキーです。朝一は硬いです。途中から緩いです。午後は・・・砂場です・・・をい!

まあ、そんな硬めのゲレンデでウォーミングアップをしつつ、シーサイドコーなんかを・・・こんなんやっかたな・・・なにせ10年近くご無沙汰していたもんで・・・

 

と、言っている間もなく緩み始めました。まあ、こんなコンディションは好きなのですがね。

 

しかし、ゲレンデトップからの眺めは絶景です。遠くに白山なんか見えたりして・・・うん、真っ白にみえるから白山なのかと、妙に納得。

・・・そんなこと言ってますが、写真には写っておりません。あしからず。

 

で、ゲレンデトップから始まるスーパーコースに・・・あらら、端っこにコブが!!

 

コースアウトすると、ほんとに林に滑落するので怖いですが、なんともそそるライン・・・え〜い、いったれ!!

 

とまあ、ここを繰り返し滑りながら、途中ドロップコースに行って、ここの端っこのコブなどを・・・あ、あかん。どうも苦手なタイプのライン・・・

 

ということで、すっかり緩んだ整地で小回りをば・・・というか、完全なる不整地です。コブより怖いです。

 

そんなこんなで、ちょっと飽きてきたところで今度はスラロームコース??に。

 

ここは一本コブです。

おそらくバンクターンで攻めればいいと思いますが、バンクターンのラインで攻めても、ノーマルで攻めてもなんかイマイチ。

 

だ、誰やねん・・・こんなラインつくったのは!!・・・と、自分の腕を棚に上げて斜面に向かって不平不満をぶつける小心者・・・

 

まあ、すべれるのですが、なんとも・・・達成感が・・・ねえ。

 

その後も雪は加速度的に緩んでいき・・・ストップスノウの一歩手前。

 

かき氷の残り少しの状態です。

 

しかし、こんなコンディションは好きなんです。晴れているから。のんびり感に満たされるから。

 

とまあ、そんなこんなで根を詰めつつ2時まで滑って終了です。

 

しかし、久々の今庄ですが、やっぱりなかなか滑りごたえがあります。今年は奥のチャレンジコースが滑れないので楽しさ半減ですが、そこが滑れれば通うに値するゲレンデです。

 

まあ、来年に期待しましょう。

とうことで、最後にこれが白山です。

 

うん、真っ白です。

 

で、いよいよ今シーズンも最後が近づいてきました。あの寒い冬の割には季節進みが早すぎますが、ここ数年はいつもこんな感じのような気がします。

 

まあ、あと一回・・・いかねば〜!!

23:13 スキー comments(0)
春の足音が聞こえる・・・箱館山

最強将軍様の度重なる降臨で、ここ最近経験したことのないような極寒の冬ようやく終焉の兆し。そんな中、先週はお休みしたので今週末は出撃です。

 

ただ、最近お疲れモードなので金曜夜からの出発にはどうしても気が向かず、そこはそれ、お気軽に土曜の朝に出発することに・・・ほんとならちょっと大きめのゲレンデに行きたかったのですが、土曜朝出発なら行く場所は決まってしまいます。

 

そうです、ひたすら繰り返し滑るしかないあのゲレンデ・・・

 

ということで、5時半出発から大幅におくれること1時間・・・だって、起きられないんですもの。

 

とにかく一生懸命走って9時前に現地到着。

 

見上げる山頂はガスってます。まあ、上にあがればそのうち晴れるでしょう。と、ゴンドラにのってゲレンデに・・・よかった、晴れてます。

今回の課題は・・・小回りです。

 

前回、帰りの車中で不調の理由に気付いて・・・こればっかりはやってみないと答えがでません。

あかんかったら・・・まあ、滅入ること間違いなし。

 

とにかくリフトで上に上がって中斜面に移動。気持ちははやりますが、とにかく大回りで体をほぐします。

 

前回のちくさ高原で好調だった大回り。但し、急斜面ではどうなのか・・・それもきっちりと押さえなくては。

 

で、とにかく体もほぐれたところで小回り。

 

切り替えから谷回りの始動時です。板の進行方向やや下向きに身体を持っていきます・・・板がターン孤を描きつつ、そのちょっと内よりを身体が孤を描く感じ。

 

うん、間違ってなかったような・・・前回の不調はなんだったのか、というより、実際のところほんの僅かのズレだと思いますが、こんなにも変わるのか・・・ちょっと驚き。

 

で、テンションもあがってきたところで、いつもの修行の場に・・・

今日は、滋賀県の小中学生の競技が行われている関係で、半分セパレート。コースも隣と分断された感じで、いかにも、という感じの人がいつもより多いです。そう、チャラチャラした雰囲気は皆無。いやいや、ひたすら滑るしかないでしょう。

 

とにかく、ここは距離はないものの斜度はあります。大回りにしても小回りにしても、急斜面対応ができているのか試すには最適。

そして、大回り&小回りの繰り返し。

 

特に大回り、セパレートされているのを利用して回転幅をしっかりと・・・いいじゃないですか!

 

小回りもしっかりと谷回りを意識。うんっ、孤が描けていると、思います。

 

で、ひらすら繰り返したあとは・・・コブです。

リフト際にビシッとラインができております。

 

距離がないので、とにかく今日の課題はスピードです。

 

最初の数ターンは緩斜面なのですが、そこからいきなり落ち込みます。減速厳禁で、攻めます。そうです、攻めるんです。

 

で、身体が遅れ気味になったときはヒールを上げてフォロー。

 

まあ、見栄えがどうかはわかりませんが、自分なりには滑れているかと・・・いやいやちくさ高原の修行が効いたのか?

ただ、ちょっと大きなコブがきたらバランスを崩されそうになりますが、なんとか持ちこたえて。振り幅が大きいコブにも、上体を谷に早めに落としてカバー・・・まあ、いいんではないでしょうか。

 

そして、今度は向かって右側の不整地にできたコブ。

2本のラインがあって、左は途中で段がでいたいやらしいライン。右はいったんラインが消えていて、つなぐのが大変なライン。

どちらも、ちょっと消化不良な感じ。

 

というわけで、今回はリフト際で集中してお稽古。

 

あくまで自分なりの感覚ですが、ステップアップできたかなあ・・・と。

 

えげつないヤツは、あきませんが・・・

 

で、身体がもうやめて〜と、悲鳴を上げ始めたところで、小休止をはさんで、小回り→大回り→コブも順番で繰り返し。

気が付けば、いつの間には晴天は消えて、なにやら不穏な雲行き。

 

加えて人も多くなってきたので、1時過ぎに本日のお稽古は終了です。

 

しかし、得るところが多かったような感じです。

 

これからは3月。雪の状態は悪くなりますが、晴天さんの大好きなコンディションがやってきます。この調子で、大好きなコンディションを楽しみましょう!

 

16:14 スキー comments(0)
ブルーバックの休日・・・ちくさ高原

今シーズン最強の寒波が列島を席捲した一週間・・・そして週末は待望の3連休ではありますが、天気はイマイチ。しかし、その前日は穏やかな晴天の予報・・・となれば、シーズンイチ混みあう連休は避けて、なんとか前日にいきたくなるのが人情というもので、いろいろ仕事のやり繰りを画策して有給をば・・・

 

そして木曜日、11時前に自宅をでて2時前に現地到着・・・気温はなんとマイナス10度。極寒です。オシッコもすぐにレモンシャーベットに・・・をい。

 

で、布団にくるまって就寝・・・あまりの寒さに7時前に起床。

そうそう、今日は先週に引き続いてちくさ高原です。

 

急斜面はないのですが、なんともコブ斜面の感じがよかったので再訪です。

 

とにかく寒さに震えながら朝食とって、一服つけて、ウンコして・・・軽く柔軟などもして、しっかり営業開始とともにリフトに・・・最近は品行方正です。

 

で、まだまだピステンがしっかり残るゲレンデで大回りなど・・・

ちなみに、昨シーズンよりかなりイメージを変えてます。なんというか、外足の太腿を立てる感じで踏ん張って、それを肩を中心とした上半身で受けて雪面に荷重を返してあげる感じ。内足は股関節を緩めてターン進行方向にしっかり荷重を乗せて、遠心力に身体を預けて今まで以上に内に運ぶ感じ・・・あかん、言葉にするのは難しい・・・とにかくそんな感じです。まあ、間違ってるかもしれませんが、滑っている感じから受ける感触は・・・正解・・・と思ってます。

 

ほどほどに身体が温まってきてから次は小回り・・・こっちもいいイメージで・・・というわけにはいかず、全然あきません。

 

リフトでぶつぶつと、何がいかんのか考えますが、どうもしっくりきません。

 

帰りの車の運転中に気付いたのですが、たぶん、切り替え後の身体のもっていきかたが、あまりにも下方向に向きすぎていたのでは・・・と。これは次回滑らないとわかりません。

 

まあ、そんなこんなで、気が付けば予定の1時間を大幅に超過・・・あかん、ぼちぼちコブ斜面に移動しなければ・・・

 

で、ちくさ高原、上部の左右にコブ斜面があります。

見上げて右側のコブは、かなり掘れて深め。加えてピッチも一定ではなく不揃い。さらに、先週よりかなり育ってます。ただ、滑り終えた時の充実感は結構あります。

 

そして左側のコブ・・・こっちは前回も書いた通り結構丸みのあるコブ斜面。ただ前半はちょっと浅め。深めのラインもあるのですが、途中で切れてます。なので下までつながっているラインを滑るには、その前半の浅めの不揃いコブをやり過ごさないといけません。で、下半分は縦気味の溝コブ。まあ、そんなに深くない分、リズムに乗ればOKという感じ。

まあ、どちらも一長一短なので交互に滑ることに。

 

今回の課題は、踵をあげて、もしくはテールを引き上げつつの先落とし。いままでは、身体を前にだしながらつま先を下げる意識で板のトップを落としていたのですが、コブを乗り越えてからの動作になるので、次の動作が詰まり気味になる。対してテールを上げながら落としていくと、コブのトップ通過と同時に板のトップを落とせることになるので、より雪面コンタクトが長くなるし次の動作に余裕が生まれます。

 

まあ、そんな講釈はさておき・・・要はできるのか?

写真でみればそんなに・・・に見えますが、いざ見下ろせば、やっぱりコブです。怖いです。

 

で、テールを上げながらの先落とし・・・ええ感じです。ただ調子に乗りすぎるとリズムが狂って破綻・・・タイミングがあえばかなりスムーズに滑れます。

 

まあ、この辺りは慣れていくしかないですね。

 

しかしまあ、前みたいに全く歯がたたないこともなくなって、それなりに滑ることはできるようになってきた。

 

ただ、デカい、深い、えぐれたヤツはだめです。

 

そんなこんなで、途中休憩をはさみつつ、いつもより長い2時まで滑ったころに・・・足腰限界。

やっぱり雪景色には青い空・・・いわゆるブルーバックが似合います。

 

平日で空いたゲレンデにこのコンディション・・・もうなにも言うことはありません。あとは、腕がもう数ランクあがれば・・・とまあ、これは稽古を重ねるしかありません。

 

さあ、次は小回りをちょっとメンテナンスしなければなりません。

 

コブももっと精度アップしなければ・・・課題いっぱいです。でも楽しいのです。

15:23 スキー comments(0)
覚醒!コブ斜面・・・ちくさ高原

久々の更新です。

 

といっても行ってなかったわけではなく、更新していないものの前回いったスキーで、晴れと思って行ったら雨で、加えて絶不調。なにか沈んだ雰囲気のまま、どうも行く気になれず・・・

 

そんな悶々とした日を過ごしておりました。

 

で週末・・・天気予報もあまりいい感じではなく、いくかいくまいか・・・もういいか・・・という気持ちもかなりの割合を占めていましたが、そんな気持ちをなんとか振り切って11時過ぎにどうにかこうにか家を出発。

 

今回は金曜夜出発です。

 

デリカの後ろをフルフラットにして布団を積み込んで、とにかく何も考えずに走り続けること3時間。現地に到着してそのまま落ちました。

 

で、翌朝。駐車料金徴収のオイヤンの声に起こされたのが7時前・・・予報通り曇ってます。

 

なにかテンションがあがらないまま朝食をとって、リフト運行開始とともにゲレンデに。

 

今日は、ちくさ高原。久々です。

 

この山奥まで、コンパクトなマイナーゲレンデになぜ来たかというと・・・なかなかのコブ斜面があるのです。

 

びわ湖バレイのシーズンパスをやめた今年、なかなかいいコブ斜面に巡り合えません。ピッチを一定にした一本コブもいいのですが、やっぱりコブに埋め尽くされた斜面が好きなのです。

 

そんな光景に期待しての久々のちくさ高原。

 

で、彼方に陽射しをみながらスタート。

ここはコブ斜面以外、そんなに急斜面はありません。切替時の上下動を極力抑えることを意識しつつ大回りから・・・。

 

まだまだピステンのしっかり残ったゲレンデ、いい感じのグリップ感です。そして小回り・・・内足の股関節の動きを意識しつつ・・・どっちもいい感じ。

 

前回の負の感覚が次第に薄れていきます・・・いいぞいいぞ!

 

で、ほどほど体も温まったところで、上部のコブ斜面に・・・そのころには薄日も差し始め、当然ながらテンションもあがってきます。

で、まずは見上げて右の斜面。

 

お〜〜、これですよこれっ!

 

びっしりとコブが並んでます。この中からコース取りを考えてスタート。これが楽しいのです。

 

で、何本目かで無事にノーミスで完走!

 

いやいや、来てよかった〜〜〜!!!

 

そうこうしているうちに、気が付けば晴天さんっ!

クローズドスタンスを意識しつつ、先落としをしっかりやってから回旋。調子のいいときは、コブを見下ろすような感じになりますが、今日はまさにそれっ!

 

加えて晴天・・・もう、なにも言うことはありません。

 

で、今度は左の斜面・・・

さっきの斜面よりやさしい丸っこいコブが中心ですが、しっかりと下までラインができています。

 

こうなると体力勝負!!

 

まあ、ジジイの体力なんて知れてますが、こんなコンディションだと火事場のくそ力がでるのです。

 

なぜか声をかけてもらったジモティのオイヤンと、ライン取りがああでもないこうでもないと話をしつつ・・・そのオイヤン、なかなかの足前です。

 

で、何本が一緒に滑らせていただき、そのうちオイヤンのジモティ仲間と合流。みんな上手です。そんな中、なんとかそのサイクルに乗り遅れまいと必死のコブ滑走。

 

しかししかし、やはり訪れます・・・体力の限界。

 

もう、最後は膝が曲がらず、なんとか破綻はしませんがコブにもてあそばれている状態。

 

立ってるのがやっとの状態でジモティグループと別れて・・・本日のスキー終了であります。

 

とにかく、スランプ脱出です。

 

いろいろ得るところも多かったです。

 

大回り、小回りの内足股関節の動かし方や、腰で押して反動を上体で受けるイメージの外足の過重と上体を起こしてターンする感覚。コブでは先落としと回旋のタイミング、コブ裏でのスピードコントロール・・・

 

いやいや、このコブ斜・・・好きです。

で、最後はいい感じの晴天さん。

 

整地はぼちぼちな感じですが、コブはしっかりと稽古ができます。

 

やっと、巡り合えた感じです。

 

まあ、びわ湖バレイのホウライ北がやっと見つかりました。

 

毎週はつらいですが、ちょこちょこは来たいと思わせるスキー場でありました。

 

22:05 スキー comments(0)
コブと一枚バーンの幸せ・・・箱館山

この冬最強の寒波が日本列島を席捲して一週間、ほんとに寒い日が続いています。

 

いつものようにスキーに行きたい病が発症するのですが、なにせ寒波が強烈すぎる。せっかく行くのに猛烈吹雪というのも、なんだかなあ〜となるので、週半ばから天気予報とにらめっこ。

 

どうやら土曜日は、兵庫県北部はヤバいらしい・・・ということで、週末のスキーは箱館山に・・・午前中は晴れが見込めるようなので。

 

とはいっても、ほんとは神鍋あたりに行きたかったのですが、仕方ないので今回も地味練です。

 

とにかく、頑張って6時前に出発。8時半前に現地到着・・・あらら、ゴンドラ待ちで長蛇の列が〜!!

 

なんかあったんやろか・・・駐車場のおっちゃんに確認すると、どうやらトラブルでさっきから動き始めた様子・・・せっかく早く来たのですが、仕方ないです。

 

しかし、そんなに大きな影響はなく9時前には地味練スタートです。

 

とにかく晴れてます。それだけでテンションがあがります。



で、緩めの斜面で大回りと小回りを繰り返してウォーミングアップ。ほどよく身体がこなれてきたところで、右側の急斜面に。

 

今日の課題は、ターン始動時に板を動かさないこと。ニュートラルで板のセンターにのって、かつ斜面に垂直に立っていると、板は自然と下を向きます。それを捉えて外足に過重すれば、板はオートマチックにターンを開始。要はその練習。

 

横滑り小回りの繰り返し。

 

地味です。ひたすら地味です。

 

そして、ほどほどしっくりしてきたら実践の小回り。あかんかったら再び横滑りショート。

こんな感じで、びわ湖に射す陽射しの黄金色に癒されながら地味練の繰り返し。

 

う〜ん、そんなこんなで二時間弱かな・・・なんとか様になってきたところで、今日のご褒美のコブ斜面に移動。

 

リフトから不整地にできたラインを発見。リフト際にもラインが出来てはいますが、前回来た時にあまりいいイメージはなかったので、とにかく新しいラインが必要。

上から見る限りは、シーズン初めには最適な雰囲気です。

 

しかし、滑ってみなければわかりません。

 

ということで、今シーズン初のコブ練開始です。

 

いやいや、なかなかにギッタンバッコンな感じ。課題は、板が開き気味になること。切り替え時に外足が板の頂点に来るまで我慢すること。

 

それに注意しながら、至福のコブ斜を繰り返し。

 

まあ、なんとか破綻はしませんが、スムーズな滑りにはまだまだです。

 

しかし、楽しいです。

 

やっぱりコブです。下手ではありますが、この緊張感はたまりません。

 

で、なんとか様になってきたところで、リフト際のラインにチャレンジ。

 

気合を入れて・・・

 

なかなかにハードなラインですが、途中でなんと神が降臨!!・・・コブを滑っていると、ときどき驚くほどスムーズに滑れる瞬間があります。

 

それを、神が降臨したと・・・

 

まあ、常時それを体現できないとだめなんですが・・・

 

とにかく、今日は4降臨くらいでしょうか・・・神の降臨は、そんな頻繁には訪れません。

 

で、心身ともにヘロヘロになったところで、再び整地に移動。

 

コブを滑ると、不思議に整地が楽になります。

そして、その後は整地ときどき不整地という感じで4時間。足腰に限界が訪れた1時半に今日の地味練を終了。

 

いやいや、なかなかに充実した時間でありました。

 

これで、ほぼほぼ今シーズンの基本はできた感じ。あとは精度をあげていかなければなりません。

 

シーズンは始まったばかり。

 

でも終わるのもあっという間です。

 

とにかく短いシーズン、めいっぱい楽しみます。

 

 

 

20:33 スキー comments(0)
1/27PAGES >>