〜白と青と緑の楽園を求めて〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
今シーズン、ラストレポート??・・・びわ湖バレイ

さあ3月も後半に入って、暖かい日も増えてきました・・・と言いたいところですが、妙に寒い日が続いてます。

 

思えば去年は暖冬のせいで、今頃はすっかり釣りモードに。それを考えれば今シーズンは幸せです。それにホームのびわ湖バレイにもしっかりと雪が残ってます。

 

ということで、3/18、25と、いつものようにびわ湖バレイに。

 

まずは3/18、もうそんなに混んでることもないでしょうと、ちょっと遅めに9時半にゲレンデに。

 

思った通り空いてます。

 

ただ残念なのは、チャンピオンもホウライ北下部も閉鎖・・・そうなんです、コブがないんです。まあ、ホウライゲレンデの端にラインがありますが、いわゆるモーグルライン。どうも相性がよくないのでパス。

 

なので、今日は整地三昧。空いてるので大回りも小回りもし放題です。

とりあえずは、大回りでウォーミングアップ。

 

ポイントは、切り替えから外足にしっかり過重して、進行方向やや内側に体重移動。上体の軸はしっかりセンターをキープ・・・まあ、腐るほどポイントはありますが、そんなとこでしょうか・・・

 

で、程よく身体もこなれてきたところで、先週練習しまくったショートターンを・・・

 

肝は谷回り。山回りは早めに切り上げて切り替え。しっかり外足に乗って・・・と。

 

今日は斜度に関係なく、一定の速度をキープすることを念頭に・・・

ホウライ北の上部は、意外にショートターンの練習に向いてます。

 

今日はこんな感じで空いてるので、ほかの人を気にすることもなくみっちりと。

 

で、今度は斜度変化を求めてジャイアントコースへ・・・

 

ここは中斜面→緩斜面→急斜面→緩斜面→中斜面→緩斜面と、斜度が目まぐるしく変化するので、今日の練習にはもってこい。まあ、ショートに飽きたらときどきロマンスコースで前回のロングターンでストレス回避。

 

まあ、リフト待ちもなく、いわゆる滑りまくりで4時間でギブ。

 

続いて翌週。さらに空いてます。

のんびりとした風景に春の気配が漂ってます。ただ、先週に比べてかなり雪は緩んでます。とりあえずパノラマゲレンデでしばらく滑ったあとは、今日はジャイアントとロマンスを交互に。

 

うん、ジャイアントはショートで、ロマンスはロングという感じ。

 

で、飽きて来たら横滑りなんかも入れたりして・・・準指受験時は苦労しましたが、いまはそれなりに・・・できている気がする。

 

特にショートの横滑りは、結構スムーズに!

 

たぶんですが、以前に比べて板のセンターにしっかり乗れているからと・・・いうことにしておこう。

まあ気合を入れて滑りますが、周りはのどかな雰囲気が。

 

パウダーの厳冬期がやっぱりコンディション的には最高なのですが、雪質が悪くなるもののこの雰囲気も捨てがたい。どっちがいいと聞かれれば、春を選択するかもです。

 

なので、今日は気合半分くらい。

いつもはジャイアントで写真とっても必ず人が映り込みますが、今日は無人のジャイアント。なので今日もいわゆる滑り放題というやつです。

 

そして今日は、悪雪でもしっかりと滑りをキープすること。重くなった雪に板をとられたり、無理やり板を動かすことなく滑れるか・・・意外と難しいのですが、まあなんとか課題をクリア。こうなってくると春がより楽しくなるのです。

 

とまあ、いつものように4時間連続滑走で終了。

 

しかし、今シーズンはびわ湖バレイで楽しませていただきました。なかなかに充実した時間がすごせたような。

 

来週末はもう4月。

 

今シーズンはこれで終了か・・・う〜ん、もう一回くらい行きたいですねえ。でも足伸ばさないと・・・どうしようか。

 

とにかく、びわ湖バレイはいちおうこれで終了。ありがとうございました。ということで・・・

 

18:30 スキー comments(0)
ショートターンの谷回りを創りこめ・・・びわ湖バレイ

3月に入って、今年のシーズンもいよいよ終盤。頑張ってゲレンデに通わねば・・・

 

ということで、金曜日に有給をとって至福の平日スキー。ちょっと天気は気になりますが、HPで営業を確認。いそいそとびわ湖に向かい、9時くらいに現地到着。

 

ゲートに向かって走っていると、なぜか結構な台数の車が下りてくる・・・う〜ん、朝イチ滑走のロコオヤジにしては数が多いし、時間早いし・・・ま、まさか・・・

 

車を停めてHPを確認すると・・・

 

エッ??

 

まさかの、営業中止・・・そ、そんな殺生な・・・

 

しかたないので、失意のまま反転して帰宅。

 

ということで翌日も、もちろんいきましたとも。このままでは気が収まりませんやん。

 

とにかく9時にはゲレンデに。

 

ここ数日の寒波で、ゲレンデはすっかり冬の様相。寒いです。

 

しかし・・・いつものホウライ北のコブ斜面は、イベント開催の関係で立ち入り禁止&ビシッと整地に・・・

まあ知ってましたが、いざ目の当たりにするとなにかねえ。

 

イベントなんで仕方ないですが、せめて半分くらいは残してくれてもねえ。

 

なんと、今シーズンはこのコースはクローズだとか・・・もうちょっと、なんとかなりませんかねえ。

 

と、どっかの理事長なみにぶつぶつと恨み節をほざきつつ、まあ、チャンピオン上部のコブもありますし。

 

愚痴もほどほどに、ウォーミングアップを済ませて、チャンピオン上部に・・・

 

で、いつものコースに。

 

ガリッ・・・いや、ツルッ。

 

完璧なアイスコブ。いわゆるアイスバーンのコブ版。

 

衝撃を吸収するどころか、反発まともにかえってくるやんか!

 

数ターンでたまらずコースアウト。

 

反動は吸収できず、減速できず・・・何度かトライしましたが、まあ、そこまでのテクニックは持ち合わせてないということで、

今日は予定を変えてジャイアントコースでショートターンでもしましょうかと・・・

 

幸い空いてます。いつもはリフト待ちが多いので敬遠するのですが、さすがに春です。

 

まあ、ショートも課題いっぱいなんで、ちょうどいい機会。

 

とりあえずは、谷回りでいかに仕事をするか・・・です。

 

切り替えからの過重のタイミングが遅い点はかなり改善されましたが、谷回りをしっかり感じることができていない。

 

切り替えから外足にしっかり乗って、フォールラインに絡むまでの谷回りを実感することが今日の目標。もちろん、縦長のターンでもワイドなターンでも。

 

当然ながら単に滑るだけではなく、掘ったりズラしたり・・・いろいろと仕事をば。

 

で、鬼のように繰り返し滑走の開始。ジャイアントとロマンスを3:1くらいの割合で・・・

実感できるときは、とてもええ感触で滑れます。が、確率はまだまだ・・・

 

いつもはターンに追われる感じで、なかなかそんなこと考えながら滑らないので、かなりええ練習ができました。

 

おかげで・・・といいたいところですが、

 

まあ、

 

成果は、

 

それなり・・・ということで。

 

しかしまあ、ちょっとは変わったかも。

 

で、今年もあと何回いけるかわかりませんが、来シーズンにつながるようにしないと。

 

18:51 スキー comments(0)
ゴートゥーヘブン with bump・・・びわ湖バレイ

冬と春とのせめぎ合いがようやくひと段落。

 

週末の天気予報は晴れ、加えて春の陽気。

 

そうなれば・・・

 

まあ、そんな前振りはさておき、週末もいつもようにびわ湖にいってきました。最近は頑張って早起きしてます。なんで、9時まえにはしっかりとゲレンデに。

定点撮影のような風景ですが、気になるのはチャンピオンコースのコブ。いやいや育ってますやん!

 

ということで、今日も終日コブ漬けになるためにいそいそとリフトに乗って上部に。

さすがに9時まえ・・・空いてます。

 

とにかく大回りと小回り・・・空いたゲレンデで気ままなコース取り。いつものように人を気にしながらということもなく、ええ感じでウォーミングアップを終了してチャンピオンコースに。

先週と比べて、コブの海になってます。とにかく、先週滑ったラインで一本。

 

朝の冷え込みのおかげで硬い・・・うーん、バンクには中途半端やし、ノーマルにしてはちょっと間延びしてるか・・・まあ、どっちでも滑れそう。

 

ということで、バンクとノーマルを交互に。

 

で、結果はノーマルのほうがしっくりくるかな。

 

とにかく低速ペアリフトを使って、飽きずに繰り返し。

気が付けば、すっかりと晴天に!

 

気温高めです。もう春スキーの風情。

 

いやいや、この雰囲気大好きです。

 

真冬のシーズンもサラサラパウダーで好きなのですが、やっぱりトータルに考えるとこの季節が最高です。雪はわるいですが、雰囲気を考えればやっぱりこっち。

 

まあ、そんな中、バンクはいまいちながらノーマルはええ感じです。

 

今日はできるだけ縦気味に突っ込んで、スピードをキープ。スピードが上がった分集中しないと動作が後手に回る。このラインならなんとか対応できます。

 

しかし、これ以上深くなると・・・うん、無理でしょう。

 

で、今日はこれくらいにしといたるわ〜!というくらいまで滑ったあとはホウライ下部へ。

ちょっとわかりにくいですが、かなり育ってます。

 

細かいピッチに加えて深い・・・ロコモーグラーがせっせと掘った結果です。

 

まあ、どうあがいてもそのラインを滑るのは破たんする可能性大。

 

ということで、ちょっと不規則ではありますがセンターちょっと右のラインに。そんなに掘れたコブではないですが、並びは不規則。

 

どっちかというと、こっちのほうが好きなので・・・

ここでもスピードのキープが課題。

 

ちょっと間延びしたところは、縦気味に横滑りでつないで、うまく次のコブの山に着地。

 

この深さならなんとか対応可能です。

 

あとは、板を常に雪面から離さないように・・・雪面コンタクト重視です。

 

で、今日もしっかりと4時間あまり。

 

最後は気温のせいでかなり雪も緩みましたが、納得のお稽古が終了。

 

う〜ん、今シーズンは調子いいです。

 

このままいけば、ワンランクアップしそうな予感・・・といってもまだまだなんですが・・・

 

ということで、今シーズンも残り1か月ほど。

 

大好きな3月です。ちょっとまめにいきましょう!!

22:47 スキー comments(0)
コブ!コブ!コブ!・・・びわ湖バレイ

スキーシーズンたけなわの2月なのに、早々にインフルエンザ感染・・・これはかなりショックです。で、悶々とすること数日。当然スキーに行けるはずもなく、なんとか体調が回復傾向になった某日・・・ほんとは家でおとなしくしていないといけないのですが、気が付けばびわ湖バレイのゲレンデに立っておりました・・・をい。

 

で、当然ながらコブ斜面に・・・とはいっても十分回復したとは言い難く、とにかくチャンピオンコースのやさしいコブに・・・が、前回頑張って作ったラインは当然ながらなく、わずかにラインらしきものが残っている程度。これは掘るしかないですか・・・ということでひたすら滑り続けますが、ラインはできず、あきらめてホウライ北下部のいつもの斜面に。

 

まあ、病み上がりにはきついシチュエーションではありますが、なんとか稽古を積み重ねていつも時間に体力がエンプティに。

 

で、そのあと今度は風邪・・・インフルくんではないです。

 

毎日毎日、花粉症か風邪かわからない状態が続くこと数日。なんとか回復傾向が見えたので昨日も頑張ってびわ湖バレイに。

 

珍しく9時前にゲレンデに。

 

快晴です。風邪も治るというもんです。

そして今日もコブが育ってます。

 

もう、この光景を見るだけでパブロフの犬状態。

とにかく整地でのウォーミングアップもほどほどに、チャンピオンコースのコブラインに。

 

今日は、なんとかできてます。

 

ここ最近の天気のせいで、硬いバーンではありますが、バンクターンの稽古にはちょうどいい感じ。

で、孤独なコブ鍛錬のスタートです。

 

滑ってはぶつぶつ反省点などを呪文のように唱えながらリフトに・・・

 

そして反省点を踏まえて再びコブ斜面に・・・

 

次第にラインは掘れていき、いい感じに。

 

とにかく肩のラインは下方向をキープして、コブを越えるタイミングで腰主導で次のターンをリードする感じ。

 

その入れ具合はコブの形状と、板の進行方向で決めるという感じ。スピードはコブを越える際のテールのズラし具合でコントロール。

 

まあ、今回のようなコブでは対応できますが、大きなヤツになると・・・ねえ。

 

とにかく今日は、そのイメージをしっかりとマスターすることが課題ですか・・・

まあ、そんな繰り返しをしつつ、リフト際の樹氷に癒されたりしながら。

 

しかし、ここはいつも空いてますし、ひとも少ない。

 

しっかりしたラインができていれば、恰好の練習場所です。

とにかくひとしきり練習した後は、いつものホウライ北の下部。

 

そうです、難易度の高い斜面です。

 

ここはバンクラインではなく、ノーマルライン。

 

腰への負担は半端ないです。

 

とにかく、今日もなかなかに深いラインができてます。

 

いつものように、ちょい左側のラインを繰り返し。

ここでの注意点は板を振りすぎないこと。

 

怖いですが、縦気味に板を落とす。そしてコブを越えと同時にトップを落とす。このタイミングが遅れるか、足先だけで操作したら間違いなく上体が遅れて発射。

 

勇気をもって落とすことができれば、次のコブに板のトップがかかってあとはオートマチック。

 

まあ、どの方向に板を落としていくかを瞬時に判断してその動作を実行しなければなりませんが・・・

 

これも、それなりのコブなら対応できますが、深ーい奴が来たら、一瞬気おくれしてEND。

 

う〜ん、深いコブに対しては思い切りと、自分を信じて突っ込む勇気でしょうか・・・

 

まあ、まだまだ信じるほど自分のテクに自信ないので・・・をい。

 

とにかく、風邪を忘れるほどに没頭すること4時間。

 

いろんな動きに身体がついていかなくなったところで本日終了〜

 

しかし、いい稽古ができました。

 

さて次からは3月。あっという間にシーズンも終盤です。

 

来月はちょっと詰めていきますか。

 

22:41 スキー comments(0)
魅惑のコブ斜面・・・びわ湖バレイ(1/28)

猛烈な寒波やプライベートな用事の影響で、シーズンたけなわにもかかわらずここ2週間ほどスキーにいけてませんでしたが、ようやく出撃。

 

気合を込めて朝の5時に起床・・・で、家をでたのは6時半・・・をい。

 

うん、朝は苦手なのです。

 

がしかし、いつもよりは早く9時過ぎにはゲレンデに。

晴天さんです。

 

加えて気温もいい感じで、雪質も良好・・・もうなにもいうことはありません。

 

そして、しっかりとコブが育ってます。

昨シーズンは暖冬の影響で見ることのできなかった風景。

 

やっぱこれがないと、びわ湖バレイの魅力半減です。

 

ということで、今日はここでひたすらコブ三昧・・・といいたいところですが、昨シーズンはほとんどコブを滑ってません。

 

久しぶりなので、やさしくしてね・・・をい。

 

なので、ちょこっとやさしいチャンピオン上部のコブに。

ここも斜度的にはけっこうあるんですが、ロコのモーグラーがあまりはいらないんで、そんなにコブが育ちません。自然発生的にできるラインを仕上げていく必要があります。

 

で、どこを攻めようかと・・・思っている目の前にいい感じのラインがっ!

前半はここで、しっかりと感覚をよみがえらせましょう。

 

ということで、まずはノーマルターンで・・・あらら、途中でラインがきれてます。

 

仕方ないですね・・・こうなれば後半はボーゲンでライン作り。

 

で、くりかえすこと10数回。

 

ようやく、myラインが仕上がった!!

 

前半はピッチ細かめのノーマルラインで、後半はワイドな縦長気味バンクライン。

 

ちゅうことで、あとはひたすら滑るのみ。

 

で、注意点は上半身を無暗に振らないことと、板も縦に落とすこと。

 

あとは上体が遅れないように、コブを超えるときに積極的に落とす・・・けっして上体だけ落とさずに腰から落としていく・・・これです。

こんな絶景をみながら、気が付けば3時間・・・休憩もなしにコブ三昧。

 

次第にコブも深くなってきて、なかなかスリリングな滑走・・・加えて体力の消耗も半端ではありません。

 

いい加減腰にきたところで、タバコ休憩。

 

で、今度はいつものホウライ北のコブ斜面。

 

ここはロコモーグラー御用達のところなので、結構難易度の高いラインに育ってます。

 

加えて北斜面なので、硬めです。

 

何度か跳ね返されましたが、途中からはそれなりに・・・

ここはほとんどノーマルライン。ガンガン落としていく必要があります。

 

体に負担はきますが、衝撃を受け止める感覚・・・快感〜!!

 

で、みっちりと4時間。ええ感じに仕上がりました。

 

いやいや、2年ぶりです。まもとにコブ滑ったのは。

 

が、久しぶりにしてはいい感じです。

 

実は一昨年・・・上体を振りすぎる癖がついてしまって、そのままシーズンアウト。

 

不安な感じで今日すべりましたが、久々なのが功を奏したようで、その癖が抜けてました。

 

ということで、14時前に体力の限界・・・

 

ヘロヘロになって終了です。

 

しかし、やっぱりコブです。

 

楽しいです。

 

これです。

 

今シーズンは、ひたすらコブを極めます!!

 

00:58 スキー comments(0)
薄雪の地味練・・・びわ湖バレイ(1/3、7)

遅くなりましたが、新年あけましておめでうございます。

なんのとりえもないブログですが、今年もごひいきに・・・

 

で、昨年末に初スキーを終えて、やっぱり正月休み。ここは一回でもいっとかなあきません。

いついこうかと、愛犬ひなを散歩させつつ考えておりますと、スマホから着信のコール。

 

でると・・・スキーの相方takeshiくん。

 

なにやら、正指導員試験の練習がしたいとのこと・・・それならばということで、天気はいまいちながら1/3にびわ湖にいくことに。

 

で、当日。いつものように桂SAで待ち合わせして、9時すぎにはゲレンデに・・・ガスってます。まあ、びわ湖恒例の光景ですが・・・それに今日は低速中心の地味練。まあ、ノープロブレム。でも、晴れてはほうが・・・ね。

 

とにかく、そんな視界のないゲレンデに向かって地味練のスタート。

ただガスってるといっても、時々は視界がひろがります。そんなときは、地味練に終始するtakeshiくんをほったらかして、ちょこっと全開で大回り。

 

まあそんなことを繰り返しつつ、今日のポイントはいかにして板のセンターへの過重をキープするか。

 

そんな感じでまったり稽古していましたが、次第に風が強くなってきて条件は劣悪に・・・やがて頼みのパノラマリフトが強風のため運行見合わせ・・・

 

まあ、そんな日もあります。

 

で、仕事も始まった最初の週末・・・当初そんなにいい天気予報ではなかったのですが、次第にいい方向に変化。

 

前日には、快晴の予報に・・・

 

これは、当然いかなければ・・・ということで、9時すぎにはゲレンデに立っておりました。

 

快晴です。いわゆる晴天さん!

あいかわらず雪はすくないですが、これだけいい天気なら許されるというもんです。

 

で、今日のテーマは谷回りの捉えをしっかり感じること・・・よくわからない表現ですが・・・

 

とにかく、快晴のゲレンデトップに・・・

眼下に広がるびわ湖が素敵です。

 

そんななか、大回りからスタート。切り替え後の谷回りから外足でしっかり雪面を捉えて、ターン前半をしっかり造って・・・

 

まあまあ・・・かな。

 

で、ちょっとゲレンデが混みだしたところで、ショートターンに切り替え。

 

・・・いまいち、うん?、いまに・・・いまさん・・・まあ、あきません。

 

あれやこれやと試行錯誤しているうちに煮詰まってきて・・・眼下の光景に癒されて・・・

そんなことを繰り返しつつ、最後には、まあなんとか。

 

まあなんとかです。

 

あとは次回です。

 

宿題いっぱい。

 

けど、シーズンは始まったばかりですから。

 

今日は、この晴天のもとで滑れたことに感謝しよう。

 

しかし、雪が少ない。予報では来週からは本格的に将軍様が降臨してくる模様。ぼちぼちコブも滑りたいんで、本格的な降雪に期待ですね。

23:35 スキー comments(2)
なんとか間に合いました・・・びわ湖バレイ(12/31)

当初の予報は寒い冬・・・当然、早くに雪が降って早めのシーズンインを予想してましたが、なぜか12月にはいってもなかなか寒波が来ずに、とうとう年末。

 

今年は年末どころか、年始にも初すべりはかなわないのかなあ・・・と半ば諦めていたところに、ようやくの寒波襲来。

 

で、ようやく12/30にびわ湖バレイが再オープン。

 

なんとか、大みそかになって初すべりを敢行!

 

そういえば、去年もたしか大みそかにシーズンインしたような・・・

 

まあ、昨年に引き続いてあまり盛り上がりません。これも年のせいかなあ・・・などと思いつつ7時に家をでて、一路びわ湖バレイへ。

 

京都に入ったあたりから、白くなった比良山が・・・晴天です。

 

年末は比較的すいてます。結構上のほうに車を停めて、9時すぎには山頂に。

 

いやいや、プチ雲海など眺めながら、ぼちぼちテンションがあがってきました。

が、今日はじっくりと基礎練です。

 

超緩斜面の打身ゲレンデで、地味〜にボーゲン開始。

 

年末の華やいだゲレンデを横目に、ひたすら地味〜に、繰り返し繰り返し。

 

過重のタイミング、ポジション、骨盤の動き・・・etc。まあ、確認するポイントはいっぱいあります。それを一つずつチェック。

 

これやっとかないと、すごーく不安定なまま滑ってしまうんで。

 

で、そこそこ納得できた時点で、パノラマゲレンデに・・・

 

空いてます。大みそかは空いてます。

 

ほんとはここでもボーゲンなんですが、なにせ晴天ですし、空いてますし・・・ここはひとつ大回りなど。

去年は開始直後、これで大きく躓いたんで、ここはチェックポイントを確認し滑走開始。

 

そうなんです。ニュートラルから切り替えるときの体のもっていきかた・・・横ではなく進行方法のやや内側。書いてしまえば簡単なんですが、気にしてないとフッと横振りになってしまいます。

 

おかげで、なかなかの感触。

 

これですわ、これっ。この感覚。

 

切り替えのタイミングをクリアしたら、今度は過重の感覚。腰からですよ腰から。そして骨盤から外足をリードしつつ、上体を起こしてフォールラインを越えていく・・・てな感じでしょうか。

 

とにかく、ここ数年で一番といえる滑り出しです。

 

そら、テンションあがります。

 

そこからは、ひたすら大回り。

 

で、そこそこ納得できたので、次はショートターン。

 

横滑りなんかも織り交ぜて、今年は低速ショートターンから。

 

これがなかなかいい練習になります。

 

なにせ、しっかりセンターに乗って的確に切り替えて過重しないと回りません。

 

後半は、ひたすらこれの繰り返し。

 

そして、それぞれのポイントをクリアしてきたところで、スピードを段階的にあげていきます。

これが功を奏したのか、ショートターンもそれなりにいい感じに。

 

まあ、こっちはまだまだ改善の余地はありますが・・・

 

ということで、記念すべきシーズン初日は、4時間みっちりと滑って、太ももパンパンになって終了。

 

いやいや、例年になくいいスタートを切れました。

 

で、魅惑のコブ斜面ですが・・・

もう二回くらい将軍様の降臨が必要でしょうか・・・

 

とにかく、今シーズンも始まりました。去年に比べたら、かなり前向きに取り組めそうです。

 

さあ、目標もって頑張りましょう!!!

 

今年は、やりますよ〜

23:59 スキー comments(0)
小春日和な、南紀ラスト?釣行

さて、今シーズンもいよいよラストが近づいてきました。

 

実は前回を最後にしようと考えてましたが、この週末、暖かいし天気いいし・・・

 

加えて、前回のエビがまだ残ってるし・・・そうなれば、この自然からのプレゼントを受け取らないわけにはいきません。それに、とうとう限界になったクーラー&すっかり防寒機能をなくした防寒をそれぞれ新調。

 

もう、いかねばならない条件が目白押し!!

 

で、気が付けば南紀の某所に立っておりました・・・をい!

 

ぽかぽかの陽射しに心地よい風・・・手には缶ビー・・・もうなにもいうことはありません。幸せです。

まあ、実釣には少し早いですが、ちょこっと買ったアジをつけてドボーンと。

 

即座に下品はアタリ・・・間違いなくウッチーです。こんなん針にはかかったら邪魔臭いし、ボロボロになったアジを回収、付け替えて再度投入・・・繰り返すこと数回、さすがにあほらしくなってきたので、塩して冷凍していたエビにチェンジ。

 

それっとばかりに投入して、糸フケをとって三脚に置いた瞬間・・・竿先がグ、グイーン。

 

エッ?

 

なに?

 

あわてて竿をとってあわしますが、なんとも中途半端な反応。まさかねえ・・・

 

と、大した抵抗もなく巻いてくると・・・海面に揺らめく見慣れた魚体。

 

お〜〜

 

こ、こんな時間から・・・・・

 

メ、

 

メンドリアーン!!

しかし、毎回釣れます。

 

なんでやろ・・・

 

まあ、いいか。

 

それより、なんか活性高そうで・・・今晩が楽しみ!!

 

で、あっという間に日が暮れて、いよいよです。

さながら、三日月に向かって投入せよ・・・という感じ。

 

しかし、最初の期待は見事に裏切られ、竿は沈黙。エサはとられますが・・・

 

そうなると、エサの残量が心配。

 

所詮、前回の残りです。そんなにエサ取りもないでしょうとの推測から、買い足しはしてません。この分だと、夜中前にエサ切れ終了のパターン。

 

まあ、釣れる釣れないは結果、とにかく南紀ラスト釣行を楽しみましょうと、気分を切り替え。

 

とはいっても、もう一回見たいし・・・

 

竿が飛ぶ瞬間&闇夜に響くチャリーン。

 

が、期待に反して竿には一切反応なし・・・

 

さすがに11月やし、メンドリで終わるのもわるくないか・・・

 

新しい防寒のおかげで全く寒くなく、快適です。よって、沈黙の時間もそんなに苦にならない。

 

願わくばねえ・・・

 

叶わぬ夢ですか・・・

 

しかし、今年も楽しかった・・・

 

そして、

 

いきなり・・・

 

竿、ズッコーン!!!

 

チャリーン!!!!!

 

なにせ、ここは浅場のポイント。かなり豪快に飛びました。

 

ウッシャ〜〜〜〜!!!

 

竿とって、今シーズンの感謝を胸に豪快にあわせると・・・

 

お〜〜、

 

なかなかの反応!

 

ひょっとして結構なサイズ???

 

途中、何度かの締め込みをかわして、際に寄せてきてライト、オンッ!

 

コロちゃんです。

 

そしてタモをスルスルと出して、一発タモインッ!!

石原さとみ似のポテッとした唇。

 

なかなか厚みも体高もある、ナイスなコロです。

楽しませていただきました。

 

で、その後は沈黙し、日付が変わるころにエサ切れ終了〜。

 

とりあえず、南紀コロタマ釣行は本日をもっていったん終了。

 

まあ、泣きの一回はあるかもしれませんが、今年もそれなりに楽しめました。

 

欲をいえば、もうちょっと早く釣れだしてほしかった。

 

とにかく、念願のロクマルも釣れたし、これで文句言ったらバチあたります。

 

さて、次回は恒例の川でも・・・はたまた泣きの一回か??

21:27 釣り comments(2)
沈黙を制する者は?

2016年シーズンもいよいよ終盤です。

 

前半はさっぱりでしたが、後半に俄然調子をあげてきたわたくし、念願のロクマルを達成しましたし、前回の釣行でやめとけばいいのに、そこは強欲というか、懲りないというか、久々に楠っさんとのニコイチ釣行・・・といっても今月二度目ではありますが。

 

で、いつものように一時半くらいにお迎えにいって、一路南紀へ。

 

が、場所を決めていません・・・というのも、天気は大丈夫なのですが、風と波が気になるところ。自称気象予報士の私の勘では、南下するほど風はましになるはず・・・

 

というなんとも無責任な情報をもとに、車中でポイントを決定。

 

二時間ほど到着しましたが、なにやらイカ師のオイヤンが・・・竿をだせんこともなかったのですが、そこはそれ、イカ師とコロタマーンの相性を考えて、次の候補地へ移動。

 

で、目指す場所には・・・

 

え〜〜、先客いてますがな〜

 

が、遠目にも帰り支度をしている風情。

 

そそくさと愛想笑いを浮かべながら近寄り、確認・・・・OKで〜す。

となれば、ささっと準備を整えて釣り場へ・・・波止です。

 

もう寒くなってきて、磯へ行くのは命取りです・・・いや、単にヘタレなだけです。

 

まあ、ジジイ二人なんで。

 

とにかく、仕掛けをセッティングして見事な夕焼けを眺めながらおにぎりなどを・・・

しかし、秋の夕日はつるべ落としとはよくいったものです。

 

あっというまに、何とも言えない魅惑的な色に・・・

さあ〜沈黙の時間の始まりです。

 

このポイント、最盛期でもそんなに頻繁にアタリのあるところではありません。

 

加えて、シーズン終盤・・・・

 

竿先に変化なし

 

エサにいたぶられた形跡なし

 

なにもなし

 

そうなんです。

 

この時期の釣りは、この沈黙の無間地獄との闘いでもあります。

 

心を折らず、ひたすら手返しを繰り返したものに女神がほほ笑むのです。

 

ちゅうか現実は、エサ残ってるしほったらかしててもいけるで・・・的な・・・・

 

で、7時をまわったころ、その沈黙は破られました。

 

竿先がクイッと入ったかと思うと、

 

竿が絞りこまれて、

 

竿尻が浮いて、

 

・・・・・チャリーン!!!

 

暗闇に響く魅惑の音色・・・・あ〜たまりません。

 

で、気持ちいい反応を楽しみながら上がってきたのは、

 

当然ながら・・・

 

コロちゃん〜

まあ、サイズは44cmとそれほどでもありませんが、ここ最近ハズレなし。

 

いやいや、日ごろの行いです・・・をい!

 

で、そのあとはまたも沈黙。

 

楠っさんは、時折訪問してくる長〜い友達と遊ぶしかない様子。

 

しかし、こんなときはきっとあいつがやってくるんやで・・・

 

そんなことを思いながらケミをみていますと・・・

 

なんとも下品なアタリが!

 

ビョ〜ン、ビョ〜ン・・・

 

クイックイッ・・・

 

中途半端にグイーン!!!

 

ということは・・・

 

またもでました、ロマンショー!!・・・いや

 

そうです。

 

ヤツです。

 

 

 

メンドリアーン!!!

久々の40cm級。

 

そして、それを境になにもかもがピタッとやんで。

 

1時に寒さのためにゲームオーバー!

 

まあ、なかなに渋い釣りではありましたが、釣れたということで。うん。

 

で、楠っさん??

 

まあ、デカイのを2枚も釣るとこうなるのです・・・ってか。

 

さて、もう一回、どうしよか・・・

 

 

16:31 釣り comments(4)
コロタマ、秋の陣

気が付けば長らく更新が滞っていました。

 

とはいえ、釣りにいってないことはなく、単に更新をさぼっていただけ・・・

 

なので、今回はまとめて秋の陣ということで。

 

コロタマも早いもので10月戦線に突入しましたが、ほんとに嫌になるほどの秋の長雨・・・というよりも梅雨の様相。

 

そんななか、貴重な晴れ間に楠っさんと久々のニコイチ釣行に!

 

二人とも久々に磯がいいな〜ということで、台風の接近にも関わらず磯で竿を出すことに。

 

いやいや、結構荒れてますが磯はいいもんです。

 

で、久々のニコイチを祝して恒例の缶ビーを楽しんでますと、いきなりのプチ発射!

 

そして・・・海面にきらめくシルバーの魚体。

 

エッ、チヌ?

 

いやいや、33cmと小ぶりながらも屁ダイでした。

まあ、好きなお魚なんでとりあえずキープ。

 

それにしても今日は期待がもてそう〜、という期待とは裏腹に竿は沈黙。

 

そして、突然のアタリには・・・・

 

痛恨の・・・

 

バラシ・・・・あちゃー

 

そうこうしているうちに、今度は楠っさんの竿が飛んだものの・・・なんとも小ぶりなコロダイ・・・いや、コロッケ。

とまあ、勇んで磯にいったものの微妙な結果に・・・

 

で、今度はロンリーでとある波止に。

秋の風情豊かな夕陽を愛でながら、さあ〜やるで〜!!

 

気合は入っているんですが、なにせ今日は潮が悪い・・・

 

本当は、このに乗じて低い磯にあがりたかったんですが、思ったより磯がでていなくて断念。

 

なので、あきらめ状態でぼんやりケミを眺めてますと・・・

 

いきなりの発射〜!

 

今日の潮を考えれば数少ないチャンス!

 

がつっと合わせましたが・・・微妙な軽さ。

38cm・・・くらい。

 

まあ、釣れたということで納得。

 

その後、竿が飛んだものの痛恨のバラシ・・・今年はあきません。

 

で、そのあとは沈黙&北風強くなってきて撤収・・・orz

 

そして昨日・・・平日なんですが、なぜか今週は休暇中・・・魅惑の平日釣行ってやつです。

 

とりあえず南下して、目指す波止に・・・

 

先客の老夫婦に挨拶して、セッティング開始。今年はなかなかこれっていう釣果に恵まれてません。ぼちぼち・・・ね。

 

とまあ、期待をこめてその時を待ちます。


今日は曇っているんで、目に染みる夕陽もなく、あたりが薄暗くなってきた・・・いよいよです。

 

で、いきなり中途半端にチャリーン。

 

あっ・・・この反応は・・・

 

そして上がってきたのは・・・

 

メ、メンドリアーン〜〜

なんででしょう・・・釣れるんです。

 

まあ、おいしいんでいいんですが・・・これだけじゃねえ。

 

とにかく、魚気はありそう。こまめに投げ返そう!

 

で、ほどなく竿先に微妙な反応が!!

 

ひょっとして・・・と思う間もなく竿先が絞り込まれて・・・チャリーン!!

 

よっしゃ、きたー

 

ガーンと合わせると・・・なかなか骨のある反応が〜!

 

絞めこむ相手を適当にあしらって、それなりのコロちゃんを捕獲〜

47cmなんですが、結構楽しめました。

 

さ〜まだ時間は早いし、今日はもういっちょうやれそうな・・・

 

で、今度は微妙な前アタリの後に間髪いれず発射〜

 

またキター

 

が、三脚にミチイが引っ掛かったせいで・・・

 

あれ〜

 

痛恨のバラシ・・・

 

今年はコレ多すぎやん〜なんか対策考えなあきません。

 

そしてその後は、沈黙・・・加えてエサ取りの反応もなし・・・

 

今日はこれまでかな〜と半ばあきらめているなか、真ん中の竿に下品な反応が!

 

あれれ、これはきっと伝助やわ〜、と思った瞬間・・・・再びの発射。

 

それも、高速発射!

 

で、合わせた瞬間、竿先グワーン!!

 

ちょ、ちょっとこれ結構、なかなかやん〜

 

何度かの相手の締め込みをかわしつつ、

 

ようやく海面に・・・

 

おっと、なかなかデカいやん!

 

で、一発タモインしてドサッ!

えっ、ひょっとして、

 

ある?

 

恐る恐るメジャーをあてると・・・・

 

おっ!!

 

おっ!!!!

 

ジャスト60cm!!!!!!!!!!!!!!!!!!

恥ずかしながら・・・

 

いままで、コロタマではこの壁をこえてなかったんです。

 

ようやく、ようやくです。

 

念願のロクマルをやっつけて、満足〜〜

 

まあ、そのあとは大した盛り上がりもなく本日終了。

 

メンドリアーンいれて3枚、満足です。

 

さて、今年のコロタマもいよいよ佳境です。

 

う〜んラストスパート、頑張るで〜

 

 

21:38 釣り comments(4)
1/25PAGES >>